スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年03月01日

ショットショー⑥ リングさんのブルーガン


リングさんのブルーガンです。



ブルーガンはあれです。
訓練用に開発されたトレーニングガンです。

軽くて、実銃を元に設計されたポリマー樹脂の特別な訓練用ガンです。全体的に青みがかっていて一目で訓練用とわかる視認性の高さも特徴です。
ブルーガンの様な撃てない銃の有用性は、訓練だけでなくデモンストレーションや、組み手、ガンハンドリングなど多岐に渡るトレーニングを支えています。

まずはこちら、

タクティカル・トレーニングの一場面です。









冗談です。本当はこっちです。



このような使い方で、誤射や暴発の心配のない環境で訓練を行います。
ドア・エントリーの練習やチーム内での連携などに使えます。

また新隊員の方など銃を所持した経験の少ない隊員の方の初期トレーニングにも活用出来ます。
ホルスターから銃をドロウして射撃を行うトレーニング、このトレーニングは間違えると自分のホルスターから銃を引き出せないのに引き金を引いていしまい脚を負傷してしまうことがあります。教官が厳しい場合は特に緊張とストレスによる失敗が目立つそうです。
また米国内でよくある訓練中の事故が、装填していないはずの銃の引き金を引いたところ、薬室に残っていた弾が発射され事故に繋がるケースがあります。このケースは非常に多く、日本の警察でも平成12年6月に同様の事件が報道されています。
そこで、訓練に必要なのは負傷する恐れのある器具よりも安全に使える器具、というこてでトレーニングガンが開発されました。

ブラック調だと実銃と混同してしまうので、レッドやオレンジ、グレイなど各メーカーによって展開されるカラーと質が異なってきます。
ブラックホーク社さんのトレーニングデモガンは非常に安価ですが、質の悪さも目につきます。
ASP社さんは非常に質がいいのですが、いかんともし難いお値段になってます。
その中で最も人気が高いのがリング社さんのブルーガンです。メイド・イン・USAで仕上げた品質とガス・ハンドガンよりも安い価格帯ですので質と価格のバランス取れた人気のメーカーです。あまりにも人気過ぎて社名よりも商品名の方が有名です。

具体的な写真を用意し忘れてしまいましたので、また次のブログにて具体的なブルーガンの写真をご用意してご案内したいと思います。

  

Posted by ELITEMASTER  at 20:16Comments(0)ショットショー2013

2013年01月30日

ショットショー⑤ オッティギヤさん




ブログ・エリートです。
オッティ・ギアに行って参りました。

知る人ぞ知る超高品質アパレルブランドの
オッティ・ギアです。




のような感じです。
驚くほど薄く、防水性に富み、
それでいて快適なウェアは
まさに地上のどこへ行っても
着ていける様なウェアになっています。

普段来ているYシャツよりも
薄く、胸ポケットよりも使いやすく
配置された各ポケットは
まさに1流ウェアの装いです。

自社のマウンテンエンジニアリング、
タクティカルスキルなどのノウハウを
詰め込んでミリタリー、タクティカル分野に
専門的に還元していたメーカーで
米軍の部隊にも採用されています。

ディスカバリーチャンネルや、
ミリタリー雑誌などでたまに、
OTTEと書かれたウェアを着用している
兵士の方を見る事が出来ます。

ちなみに、こちらのオッティ・ギヤ。
担当の方にお願いして、いくつか
商品を分けて頂きました。

オーバーウォッチ


センチネル


凄いお値段をしていますが、
店頭にて販売しています。

ご興味がありましたら
見に来て下さい。

明日もブログ・エリートを
よろしくお願いします。




  

Posted by ELITEMASTER  at 19:25Comments(0)ショットショー2013

2013年01月26日

ショットショーの裏話③


VERTXのブース

今年のショット・ショーはウエア関係の会社が多く出展されてました。
Vertex(バーテックス)やカイタニカのブースは非常に多くの人で混雑していました。


カイタニカ

ロンドンブリッジ

オッティ・ギヤ


米軍スナイパーの多くが使用するボルトリフト


昨年より軽く、丈夫になったアーマープレート(水に浮いています)


首から下ならどこを切られても大丈夫なソフトな防刃ウエア


見た目は大きいけど、とても軽くて、見やすい次世代軍用ダットサイト


アイアンサイトとダットサイトを融合した画期的なハンドガン

今年はオバマさんの銃器の規制が噂され、そのため、マガジンやら弾やら銃器に関する商品の多くが買い占められて、アメリカ市場ではものすごい品不足状態の中、2013ショットショーが開催されました。
当然、銃に関する市場の活気がそのまま現れ、すごい数の人で溢れてました。
年々、巨大化している一大イベントでいつも驚かされます。
日本では考えられない状況です。



来年はプロショップ・エリート主催「ショット・ショー見学ツアー」なるものを企画しようかと思っています。



タクティカル プロショップ・エリート




  

Posted by ELITEMASTER  at 20:24Comments(0)ショットショー2013

2013年01月25日

ショットショー③ トリジコン社さん


こちらのブースにお邪魔しました。


ACCUPIN、ACOGシリーズでお馴染み
トリジコン社のブースです。

トリジコン社はスコープの中に
トリチウムを封入する事で、
昼夜を問わず照準点が発光する事で
有名ですが、それ以外にも
戦場を駆け抜ける兵士達と
行動共にし荒れた環境でも、
作動し続ける屈強な鍛造アルミボディや
固定倍率を採用する事で
ボタンやスイッチなどが一切ない
スイッチレスで使いやすい等々、
人気を博しているスコープです。

今回はトリジコン社の
Trijicon SRS


をのぞかせて頂いたり、
Trijicon ブライト&タフ・ナイトサイトと
Trijicon RMRダットサイトの複合照準を構えたり、


などなど、
触らせてもらったりしました。

いや、凄いですね、圧巻です。
対物レンズが大きく視野が確保できますので
照準点が見やすく、広い視野も得られるって
ダットサイトの有用性が広がりますね。
しかも綺麗に映るんです。

それと拳銃につけてある複合照準、
照星照門とRMRの照準がぴたりと
合うので、今までになかった革命的な
照準器だと思います。

トリジコンもまた入荷できましたら
ブログにてアップします。

では、ここでトリジコン社さんから
プレゼントされたポスターカレンダーの
ご案内です。


これです。
日本のトリジコンファンの方へと
トリジコンさんから頂きました。
店頭で突っ立ている店員に
「ブログ見たよ(・ω・)」と
お伝え頂ければ、こちらの
トリジコン・ポスターカレンダーを
お1人様1部ずつ、数に限りは
ございますが、お配りしています。

ただ祝日や休日にマークが
ついていませんので、ご了承ください。

プロショップ・エリートでした。


  

Posted by ELITEMASTER  at 19:07Comments(0)ショットショー2013

2013年01月25日

ショットショー裏話②



無料のモノレールから降りるとこんな感じで幻想的です。

2013年のショットショーではルクソールというピラミッドみたいなホテルに泊まりました。
ショーの会場からは離れていますが、静かでとてもいいホテルです。

なんかピラミッドパワーがもらえそう

会場はとても広くて少しの移動でも疲れます。



タフプロのブースはとても賑やかです。



イチローさんと飯柴さんがいました。


サファリランドのブースにいた“Kenda Lenseigne”さん
とてもきれいで、しかも馬に乗りながら銃を撃ちこなす、スーパーウーマンです。


そのすごさはyoutubeなどで見ると判ります。
Kenda Lenseigne


つづく




タクティカル プロショップ・エリート

  


Posted by ELITEMASTER  at 11:17Comments(0)ショットショー2013

2013年01月24日

ショットショーの裏話


とってもかわいくて、親切なスミス・オプティクスの子


店長のエリトです。

ショットショーへ行く日、朝少し幸が降ってましたが、問題なく成田空港へ着きました。
ところが空港になぜかあまり人がいません。


閑散としている空港内

飛行機に乗って出発を待っていたら、いつまでたっても飛行機がでません。
外を見るとほとんど吹雪状態です。

写真じゃあまり見えませんが、横殴りの大雪です。

結局、その便が欠航になり、あわてて他の便を探す羽目に。
出発できたのは夜中の1時でした。
へとへとです。

なんだかんだでやっとベガスのショット・ショー会場に着きました。


会場から外を見ると雲1つ無いいい天気ですが、温度は2度から3度で夜は-2度でした。

会場に飾ってあるばかでかい看板に2連銃身のハンドガンが出てました。


ブラックヒートにいたとても美しい女性、ポスターにサインをしてました。
有名な人なのかな?

みんなが銃や用品を取材しているので僕は違うものを載せます。

乞うご期待。

つづく








タクティカル プロショップ・エリート




  


Posted by ELITEMASTER  at 20:01Comments(0)ショットショー2013

2013年01月23日

ショットショー②



ショットショーに行って参りました。
前回の記事でも触れましたが
たくさんのブースがあります。
その数なんと1600社以上の
ブースが1階と2階に分かれて
おのおのの製品を展示しています。

ちなみに2階はこんな感じです。


1階はこのようなスペースです。


天候に左右されない室内空間ですが、
2階と1階では多少の雰囲気の違いは
お分かりになれますでしょうか。

2階はどちらかと言うとものものしい
雰囲気がありますが、1階の方は
わりとフレンドリーな雰囲気が流れてます。

だいたいショットショーの
雰囲気がご理解頂ければ幸いです。
メーカーさんによって写真撮影NGな
ブースも多いので余り多くの
写真はとれなくれ残念です。

ですが、明日のブログでは
もうちょっと写真の残りがありますので
幾つかをアップさせて頂きたいと思います。

それではまた明日もご覧になって
頂けたら幸いです。


プロショップ・エリートは
カイタニカを入荷いたしました。
お探しのかたやお待ちかの方から
たくさんのご連絡を頂いております。
店舗に来て頂ければ、試着室も用意していますので
お近くにお越しの際はご来店くださいませ。


  

Posted by ELITEMASTER  at 19:48Comments(0)ショットショー2013

2013年01月22日

ショットショー2013①


プロショップ・エリートです。
無事に帰国できましたー。

14日から20日の間の短い旅でしたが
ラスベガスに行って参りました。
ショットショーに参加する為です。



ショットショーとは何かという所から
話を始めますと、

色々なメーカーが軒を連ねて
新商品の案内や新規顧客の
開拓に勤しみ、または参加する
来訪客は新作の銃を手に取ったり、
または装具の感触を確かめたり、
新しい取引を構築したりなど
世界最大規模の銃の見本市と言われて
いるのがショットショーです。

英語で書くと
SHOT show

意味は
Shooting(射撃)
Hunting (狩猟)
Outdoor (アウトドア)
Trading (貿易)
の頭文字を取った展示会(show)ですので
SHOT show、ショットショーと呼ばれています。

それでは、上記でも触れましたが
ショットショーでは具体的に何をしているか。

それは銃器やそれに関するパーツのメーカーや
狩猟品を扱うメーカー、アウトドアのメーカー、
または軍事、法執行機関、PMC向けのメーカーなど
大きく4つの分野のメーカー、またはディーラーが
各々のブースで自社の製品を展示、または販売しています。

そこに来訪客が訪れ、新作の商品を見て歩きます。
一般のハンターやスポーツシューターの方や
各国の軍関係者が視察に訪れたりもし、
メーカーの方と直接お話することで、商品に対する
理解を深める事ができます。

具体的にどのようなブースがどのような事を
していたのかは、また後日にブログに
アップさせて頂きます。

今日から、プロショップ・エリートは
営業を再開しますので、お近くにお越しの際は
どうぞプロショップ・エリートにお立ち寄りください。

それでは今後ともよろしくお願いします。

  

Posted by ELITEMASTER  at 20:14Comments(0)ショットショー2013