2016年09月29日

戦車登場100周年記念

軍事に興味の無い一般人でも、誰でも戦車は知っていると思います。ですが今年が戦車にとって記念すべき年なのを知っている人は少ないと思います。
 1916年9月15日にフランス北部での『ソンムの戦い』において、戦車が実戦デビューしてからちょうど100年が経ちました。今回はその100週年記念という事で、フォート・ベニング基地内にある戦車博物館のレストア工場を訪れてみました。

 戦車といえば、誰もがキャタピラと回転式砲塔をイメージすると思います。おそらく一般人の頭の中に浮かぶのは、多分旧ソ連製T-72戦車のような形ではないでしょうか。ですがデビュー当時の戦車は、そのイメージとは全く違った形をしていました。それがこのマーク1戦車です(写真は改良型のマークIV)。マークIの改良型マークIVですが、日本陸軍も1918年(大正7年)にマーク IV 戦車を1輌輸入しています。戦車が初登場してから2年以内に購入しているわけで、当時の日本軍の『欧米に追いつき追い越せ』の気迫が感じられます。




 マークシリーズの戦車は塹壕戦で投入されたものの、不具合が多数出て思ったように活躍できませんでした。また居住性も悪く、内部はエアコンなどもちろん無く、温度は50度にも達したそうです。暑いだけどころか排気ガスが充満して、一酸化炭素中毒になるほどで、乗員はガスマスクの着用が必要だったそうです。それと比較すると、現代の戦車は本当に快適で、エアコンはもちろん核攻撃を受けても放射能が内部に入るのをある程度防いでくれます(米陸軍のM1A2エイブラムス戦車)。
 最新戦車と比較しながらこのマークIVを見つめると、何だか不思議な気持ちになってきます。また私自身、この最初の戦車、マークシリーズを実際に目にするのは初めてでした。ちなみに私は戦車兵ではなく、対戦車歩兵でしたので、戦車を破壊するのが専門です。






 この他にも、第二次大戦のタイガー戦車、T34戦車、3号突撃戦車、などが展示され、まさに戦車歴史博物館と言えます。グアムかサイパンで捕獲したという日本軍の95式戦車までありました。
 ですが博物館長の話を聞くと、年間予算が8000ドルしかなく、レストアが思うように進まない、と言っていました。手遅れにならないうちに、立派な建物内に完全レストアした戦車たちを展示して欲しいものです。


今回は戦車が実戦に登場して100周年という事で、初期の戦車を紹介してみました。

飯柴


タクティカルショップ・エリート
エリート・オンラインショップ
タクティカルショップ・エリート・ツイッター
エリート・フェイスブック

  


Posted by ELITEMASTER  at 16:39Comments(0)インストラクター

2016年09月20日

自分流ツーリング


9月に入って少し涼しくなってきました。初秋はバイクのツーリングに最も適した季節です。自分は天気が良ければ、秋は毎週末バイクに乗ってツーリングに出かけます。今週末に行ったツーリングは、ちょっと変わっていたのでその模様をレポートしてみたいと思います。バイクは自分の愛車、2009年式ヤマハ製Vmax 1700cc Vance and Hines カスタム です。



アパラチア山脈は、ライダーにとって魅力的なツーリングエリアがたくさんあります。曲がりくねった山道が信号無しで延々と続き、バイクに乗っていて非常に楽しい道ばかりです。その中でもノースカロライナ州のドラゴンズテイル(龍の尻尾)などは世界的にも有名で、日本からわざわざツアーを組んで来る気合の入ったライダーもいるほどです。

今回私が目的地に選んだのはドラゴンズテイルではなく、アパラチア山脈の奥の院とも言うべき場所(ジョージア州北部)にあるCamp Merrill陸軍基地でした。



ここはレンジャー・スクールのマウンテン・フェイズの訓練が行われる場所です。日本の陸自で言う山岳レンジャー訓練ですね。私は9.11事件によってレンジャー・スクールをキャンセルされましたので、ここへは来たことがありませんでしたが、一度ぜひ見ておきたい場所でした。行ってみると鬱蒼と樹木が茂った山中の谷間に、Camp Merrill基地が姿を現しました。小さい基地なのと、日曜日という事もあってか、静かで人影は殆ど見受けられません。まるで稽古時間外の道場のようです。それもそのはず、訓練生は殆どの時間を山中で過ごすので、基地で過ごす時間は殆ど無いのです。その深い山林を見渡して、『これは夏季の訓練はPoison Ivy(毒性漆の一種。触ると皮膚がただれる)でやられるだろうなあ…蛇も多く出るだろう…』そのようにして、自分がもし訓練で来ていたら…という風に頭の中でシミュレーションします。訓練の厳しさよりも、体調管理と周囲のエレメントに対する注意が必要でしょう。



ひと通り訓練施設を見渡したら、Camp Merrill基地を出発します。帰りは寄り道して、陸軍工兵部隊が作ったダムによってできた人口湖に寄り道しました。ここでちょっと休憩して、湖に沈む夕日を眺めながら葉巻を吸いました。



写真の通り、Vmaxが夕日を反射してきれいに映ります。このカスタムペイントは映画『トランスフォーマー』シリーズの塗装を担当したハリウッドのカリスマペインター、クリス・ウッズ氏によって塗装されたものです。『夕日を反射する時が一番きれいになるように塗装したんだ』とウッズ氏は言っていました。本当にその通りでした。



葉巻を吸い終えたら、暗くなる前に帰途につきます。今回も事故無く帰宅できました。日本も初秋でこれからツーリングの季節になりますが、皆さんも安全運転を心がけてください。今回は自分流のちょっと変わったツーリングを紹介させていただきました。
飯柴


  

Posted by ELITEMASTER  at 20:23Comments(0)インストラクター