スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年08月12日

自衛隊9mm拳銃用ブレードテック ホルスター

今、米軍の隊員も結構使用している『ブレードテック』のタクティカル・レッグホルスターをご紹介します。
軍用のレッグ・ホルスターなら『サファリランド』社製が多いと思っていましたが、今は『ブレードテック』社製もTMMS(Tactical Modular Mount System) になり、かなり販売シェアを伸ばしているそうです。


Brade Tech自衛隊9mm拳銃用ホルスター


このブレードテックの9mm拳銃用ホルスターはかなりピシッとフィットし、ホルスターの中で銃がガタガタと暴れるようなことはありません。

ロックの外し方は親指で解除レバーを横に倒すだけで、素早く確実にドローができます。

もし、ガタ付くようならここネジ2本の締め方で調整できます。
ホルスターを逆さにしても抜けないくらいにします。

あまりきつく締めると抜出しにくくなるので御注意下さい。

また、TMMS(Tactical Modular Mount System) ですので、サイドのロックを外し、

ホルスターの下部の部分を少し持ち上げて、引き抜きますとホルスターごと引き抜けます。



そしてベルトアダプターやモールアダプターに取付けることが可能です。


ベルトアダプター

モールアダプター(別売)


さらに今のモデルには解除ロックガードが付いており、敵などから不用意に銃を取られる危険性が減少しました。

この9mm拳銃用はSIG220用ですが、ネジを緩めればSIG226やSIG226R(E2)も収納可能です。


テックロック・アダプター
ある部隊の人はベルトに吊るす部分にTechlock(テックロック)というベルト固定アダプターを付けて使っているそうです。


テックロック・ベルトアダプターを付属のネジで取付けます。


テックロック・ベルトアダプターは自衛隊で使用している弾帯(幅60mm)にも対応します。


確かにこれならサイホルスターを付けたり、外したりするのがやり易いので試してみて下さい。
ブレードテックのホルスターは価格も安いので、お奨めのホルスターです。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 19:34Comments(0)お店の商品情報

2017年08月11日

スパルタン・レース第二段階・スーパー



今年5月、相模原市にある米軍施設で、日本に初めてスパルタン・レース(スプリント)が上陸しました。
私もスパルタン・レースの競技者であるのは、以前にこのブログで紹介したとおりです。
スパルタン・レースとは、舗装されていない道を、障害物を乗り越えながら完走するレースです。難易度が三段階あり、距離8kmのスプリント、距離14kmのスーパー、距離20kmのビースト、と自身の能力に合わせ選べるようになっています。
1年以内にこの3つを完走すると、トライフェクタという称号を得る事ができます。私が以前参加したのはスプリントでしたが、今回参加したのはそのひとつ上のスーパーでした。


今年はトライフェクタを目指しているためです。その模様を紹介したいと思います。
まず、会場に着いてすぐに難易度が高いのがわかりました。距離が長いのは解っていましたが、山の麓に集合所があり、かなり登らされるのを覚悟しました。


案の定、400m以上の高さがあるコースでした。つまり高さだけでスカイツリーの第二展望台まで、階段を登って降りてきたのと同じです。
そこに14kmの移動距離と25以上の障害物があったので、流石に今回は参りました。
障害物も渡河やタイヤフリップなど、スプリントでは無かった難易度の高いものが加えられていました。
スプリントは余力を残して終えられましたが、今回は余力ゼロでした。


天気が良かったのが幸いでしたが、もし前回のように悪天候だったら、完走できてなかったかもしれません。それほどきついコースでした。
それでも第二段階のスーパーをクリアしたので、あとは秋に行われるビーストのレースを走破するのみです。


日本でも、秋に第二段階のスーパーが開催されるそうです。ビーストの予定はまだ無いので、日本国内でトライフェクタを得る事はできませんが、スプリントを完走して、次のチャレンジを求める人にはピッタリです。
これは私の意見ですが、トライフェクタができるだけの体力があれば、米軍でレンジャースクールや、SFAS(特殊部隊選抜訓練)も受かるでしょう。





そういった目安のひとつとして自身の実力を図ることもできます。
ただ生半可な体力で安易に参加すると危険です。プロのトレーナーからフィットネス・アセスメントを受けて、許可を得てから参加するようにしてください。



飯柴



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 19:18Comments(0)インストラクター

2017年08月10日

マーチ・ライフルスコープ用のスマホ・アダプター

ライフルスコープの画像をスマホで撮れるアダプターの紹介です。

※倍率:10倍で100mくらい先のマンションのベランダを撮りました。
このようにかなりきれいにスマホでライフルスコープ画像が撮れます。
もちろん動画も。


これがそのスマホ・アダプターです。


このようにスマホを取付け、4点のアームで固定します。


このようにスマホで見えます。

ただ、これはマーチの純正パーツですのでマーチ製のライフルスコープにしか使えません。
(アダプターのネジ径とマーチライフルスコープの接眼のネジが同一のため)
マーチのライフルスコープはさすがに明るく、鮮明でパラの調整も最短5、6メーターから合いますので結構、いい写真が撮れます。
ただし、銃に取付けたライフルスコープに使用する場合は絶対にそのまま射撃はしないで下さい。
アダプターごとスマホも壊れる恐れがあります。(実銃の場合)


今回はこんな感じで写真を撮りました。

価格は¥21,600(税別)とちょっと高いけど、特注品みたいなものだから仕方ないですね。
でも狙った状況などかなり良く取れるので興味のある方にはお奨めです!

ほとんどのスマホに合いますが、中には合わないスマホもあるようです。
対応するサイズを明記しましたので確認して下さい。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 14:39Comments(0)お店の商品情報

2017年08月10日

「40連隊に戦闘訓練の負けはない」の二見龍さん




二見龍さんが書いた本『40連隊に戦闘訓練の負けはない』が大好評です。
その二見龍さんが明日の午後1時頃に「ショップ・エリート」にご来店下さるそうです。



お会いしたい方はその時間帯にご来店ください。



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 12:09Comments(0)

2017年08月06日

89式小銃型訓練用ブルーガン

近接戦闘や銃器の取り扱いの最も安全な訓練の手段として作られたブルーガンです。
その歴史は古く、アメリカのリングス社のブルーガンは世界中の軍隊や特殊部隊、警察で採用されています。



警察や軍事訓練用に設計された銃器を、世界で最も詳細に再現されたもので、耐衝撃性や防水性に非常にすぐれたポリウレタン樹脂製で、作られています。
折れ曲りに強く、安定した訓練を行うことができるのでブル―ガンは世界中で、最も広く使われている訓練用の模擬銃です。


そのアメリカのリングス社から実銃と同じ重さの訓練用89式小銃型ブールーガンが発売されました。

89式小銃型ブルーガン・リアルウエイトモデル (ブルー・モデル)


89式小銃型ブルーガン・リアルウエイトモデル (ブラック・モデル)

アメリカで模擬銃の訓練をする場合はブラックモデルは銃身の先をオレンジにして識別できないとなりません。
日米合同訓練のある自衛隊ではこのまま89式小銃ブルーガンが使えることはありがたいですね。

さすがに世界中の訓練の現場で採用されている「Blue Gun」ですね。
痒いところに手が届く出来上がりになっています。


重量は実銃の89式小銃と同等の3.6kg(本物に弾倉を付けた状態と同等)

さらにスリングのフックの形状が実銃と同じですので、スリングもリアルなものが使用できます。
こういうところはアメリカのリングスさんのこだわりだそうです。
『スリングやピストルランヤードが実際のものと同じものが使えないとリアルな訓練はできない』と。
さすがです。




人気のブルーフォースギヤのスリングを取付けた89式小銃型ブルーガン

さらに重く、リアルになった「自衛隊9mm拳銃型ブルーガン」



今回、自衛隊9mm拳銃もリアルウエイトモデルが発売されました。
やはりアメリカ製だけあってブラックモデルは銃身の先端はオレンジになっています。


この自衛隊9mm拳銃も良くできていて重さが955gあります。

丁度、9mm拳銃のフルマガジンを装填した状態ですね。

当然ながらリアルにピストルランヤード(自衛隊では拳銃脱落防止具という)もそのまま使えます。

さらに照星・照門もうまく再現され、重さと共に拳銃の構えや照準の見出しの訓練はこれだけでできます。



リアルな訓練を考えている自衛隊員にはこのリアルウエイト・ブルーガンはお奨めです。
展示してありますので、是非一度お店に見に来て下さい。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター





  

Posted by ELITEMASTER  at 02:06Comments(0)お店の商品情報

2017年08月04日

40普連に戦闘技術の負けはない


二見龍さんの書いた『40普連に戦闘技術の負けはない』の本が発売されました。
あのイチローさんの訓練を陸上自衛隊に取り入れた伝説の連隊長が書いたすごく面白い本です。



自衛隊員の方にはぜひ読んで欲しい一冊です。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 18:20Comments(0)