2019年07月17日

LEATHERMAN CHARGE ALX





レザーマン
チャージ ALX

レザーマンのハイエンドモデルのCHARGE ALXです。
各種ツールは全部で18種類もあり、様々なシーンで役立つでしょう。
またLEATHERMAN製品の中で唯一のラージビットドライバーを2つ装備しています。さらに各種14種類のビットが同封されています。
全長:10cm(折りたたみ時)
重さ:約235g



ブラックとシルバーの組合せは高級感漂うだけでなく、プライヤー使用時のグリップ感に優れています。プライヤーにはワイヤーカッターも装備しています。



ツールは全部で18種。全てのツールにロック機能があります。
1、ニードルノーズプライヤー
2、レギュラープライヤー
3、ワイヤーカッター
4、ハードワイヤーカッター
5、クリンパー
6、154CMクリップポイントナイフ
7、波刃ナイフ
8、カッティングフック
9、ノコギリ
10、木工/金属用ヤスリ
11、ダイヤモンドヤスリ
12、ラージビットドライバー(2本)
13、スモールビットドライバー
14、18種ドライバービット
15、定規(ミリ、インチ)
16、栓抜き/缶切り
17、ワイヤーストリッパー
18、ランヤードリング



チャージ ALXの特徴がラージビットドライバーを2つ装備していることです。もちろん差し替えで各種ツールを使用できます。
差し替えように14種類のビットがセットになって同封されています。



専用の革製のケースが付属しています。14種類のビットも合わせて収納できます。
キャンプ、釣り、ツーリングなどのアウトドアであれば助かる便利なツールがレザーマンです。
エリートではこのチャージ ALX以外にも各種レザーマンを取り扱っています。



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 10:14Comments(0)お店の商品情報

2019年07月16日

MYSTERY RANCH Fixed 1 Day Assault



ミステリーランチ
フィクスド 1ディ アサルト

米軍でも使用されているだけでなく、デザインもよいということでミリタリーファンだけでなく、一般の方にも人気が高いミステリーランチ。
このバッグは米軍のモデルを素材、特徴はそのままで、アーバンユースに特化させ、日本のユーザー向けに企画されたものです。
サイズ:46 X 28 X 15cm
容量:18.5L
重量:1,260g
素材:Corduraナイロン 500D
MADE IN USA



人間工学に基づいたショルダーストラップに、背面はメッシュ素材で緩衝材と通気性を兼ねています。




ミステリーランチの特徴であるY字型ジッパー装備です。もちろん上部だけオープンして使えます。
いちいち2ヶ所のジッパーを開けずとも中央を引き上げれば、簡単にオープンできます。



ジッパーをフルオープンにすれば、荷物を丸ごと放り込めるようになっています。
荷物の整理や、底のものを取り出すにも重宝します。
メインコンパートメントにはポケット装備しておりパソコンなどを収納できます。
ミリタリー的には敵に発見されたなど急に移動しなければならない時に便利です。



上部にもポケットを装備しており、小物などを収納できます。



両サイド上部にはMOLLEを装備しています。



実はこのミステリーランチ フィクスド 1ディ アサルト、ジッパーを閉めた状態の形状がクチバシのように飛び出すぎているとこいうことでイレギュラー品となっています。
そのため当店では正規の価格ではなく、少しお安くしております。
私個人は現物を見てもどこがイレギュラーなのか、全くわかりません。
そんなことでお安くなっているということで超お買い得な一品となっています。
ぜひ、当店、エリートで実物を確認してみてください。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 19:57Comments(0)お店の商品情報

2019年07月10日

Arc’teryx leaf KNNE CAP



ご存知かと思いますが、Arc’teryx(アークテリクス)はカナダのアウトドアブランドです。その法執行機関向けのブランドがArc’teryx leafになります。
leafとは、Law Enforcement & Armed Forcesの頭文字で、日本語では「法執行機関と軍」という意味です。




Arc’teryx leaf KNNE CAP
アークテリクス リーフのニーパッドです。シンプルですが人間工学に基づいた立体構造で激しい動きでもズレることなく膝を優しく護ります。
装着も独自のTロックで簡単で行えます。
またストラップは外して、パンツのインナーパッドとしても使用できます。
カラー:Black / Crocodile



膝を包み込むような立体構造の形状になっています。内側は硬質スポンジのみの単純な構造になっています。



ストラップは上部が伸縮性に優れたベルト、下部はほとんど伸縮しないナイロンベルトとなっています。
フィットし、ズレにくいよう上下で素材を変えてあるところが特徴です。




ストラップは凸部を凹の穴に入れて引くだけでロックがかかります。
テンションがかかるので、自然にロックされるので簡単には外れません。
単純構造で超軽量なArc’teryx leaf KNNE CAPは大したものに見えませんが、使ってみると膝にフィットし、動きやすい上に耐久性もあります。さすが一流ブランドは違います。
また単純だから壊れにくいというメリットもあります。



本物の証であるアークテリクスのタグがります。単純構造なだけに安価なレプリカも多く存在します。サバゲーマーはレプリカでもよいですが、法執行機関の方々には本物を使っていただきたい。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 15:07Comments(0)お店の商品情報

2019年07月09日

SALOMON XA FORCES MID GTX


登山靴やトレッキングシューズで知名度が高いサロモン。そのノウハウを昇華させたミリタリー部門が「FORCES」シリーズです。
NAVY SEALsも愛用していることからミリタリーマニアからも人気のフットウェアブランドです。
今回、そのFORCESの人気のラインナップが久々に入荷しましたので、何回かに渡ってご紹介して行く予定です。





SALOMON
XA FORCES MID GTX

ミッドカットで履きやすいトレッキングシューズだ
ゴアテックス採用で防水性も高く、ガッチリした作りで岩場などの足場の悪いところで足首をしっかり保護してくれます。
そして見た目と違い可能な限り軽量化されており、長時間の行軍でも疲労しにくい。



靴紐はいちいち結ばなくてよいクイックシューを採用しています。
これでスムーズに履くことができます。



タン(舌革)にはサロモンの「S」とXA FORCESのロゴが入っています。



ソールはサロモン独自のソールを採用。中央のV字の3Dシャーシが捻れを防ぎ、形状を保つようになっている。



トゥは完全防水で頑丈にできています。ここにもさらにサロモンの「S」のロゴがあります。また先端にもグリップがあり、踏ん張れるようになっています。



トップエンドの後部は短くなっており、履きやすくなっています。またプルストラップも付いています。




カラーはブラックの他にレンジャーグリーン、コヨーテがあります。
エリートではこのXA FORCES MID GTX
サロモンのFERCESシリーズが絶賛発売中です!



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 20:18Comments(0)お店の商品情報

2019年07月07日

OAKLEY FLAK BETA


オークリー フラック ベータ
知名度、人気抜群のオークリーから軽量でシンプルなデザインのFLAK BETA(フラック ベータ)です。
オークリーのエントリーモデルとして最適です。
レンズはHDOレンズテクノロジーによる裸眼に近い高解像度と歪みのない視界を実現。
米国工業規格ANSI Z87.1の高速・高圧及び光学テストを大幅にクリアした耐衝撃性を有し、UVA, UVB, UVC,そして眼に有害な青色光を400ナノメーターまで100%カットするPlutonite®レンズを採用しています。



超軽量特許素材O Matter製フレームによるスリーポイントフィットで快適な掛け心地と最適なレンズポジションを確保しています。そのため、長時間でも快適な装用感を実現しています。



また汗や雨などの水分にも滑らずフィット感を増すUnobtanium製ノーズパッド採用。
またノーズパッドはハイ、ローの2種同梱されています。



オークリーのアイコンはメタル製でイヤーソックはノーズパッドと同じUnobtanium製で汗や雨などのにも滑らずフィットします。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 10:38Comments(0)お店の商品情報

2019年07月06日

令和最初のエリート大感謝祭!




本日、7月6日(土)と明日7日(日)は半期一度のエリート大感謝祭が絶賛開催中であります!
エリート会員さんに、日頃の感謝を込め、あの有名ブランドやメーカーの逸品がこの時ばかりは驚きの価格で大セールです。
店内はもう戦場です。



INFORCEのライトやGPSのGARMIN各種が感謝祭特別価格です。



ストリームライト、 SURE FIREのライトに ESS、WILEY X、オークリーのシューティンググラスが開店と同時にほぼ消えました。



人気の高いメカニクスグローブも各種特別価格です。





アークテリクス、ミステリーランチも感謝祭特別価格です。



ELCANやEO-TECHの光学機器が驚きプライス!





実銃メンテナンスグッズも充実しています。




またコンドル製品は30%OFF、その他店内の全商品が10%OFFです!
感謝祭対象品はブログでは紹介しきれません! 他にもすごいのがありますよ!

このセールはエリート会員限定なので、会員でない方は感謝祭のみは入店できません。
手数料などは発生しませんので、ぜひお店でエリート会員に申し込んでください。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 17:53Comments(0)お店の情報

2019年07月06日

SALOMON TOUNDRA FORCES CSWP





SALOMON
TOUNDRA FORCES CSWP

サロモンのミリタリー部門のFORCESシリーズのTOUNDRA(タンドラ)。
これは零下40℃の雪山の環境下に対応した寒冷地モデルになります。内部にはNASAの宇宙服用に開発された“SpeceLoft”という最新高性能ナノテク断熱素材aero thermを採用しています。もちろん防水性にも優れているのと同時にブーツとしての履きやすさ、機動性の高さも実現しています。



ソールは独自開発したもので、防滑性に優れています。非常にゴツイ作りですが、機動性も高く、自転車のペダルも漕げます。



靴紐は編み上げで、上部3ヶ所は大きめのルーブになっており、脱ぎ履きがしやすくなっています。



ブーツには「aero therm」と「WATERPROOF」のタグが付いてます。



ブーツ内側にあるモコモコが「aero therm」です。NASAの技術で開発された断熱材で、他の断熱材の2~8倍の断熱性能があるそうです。



トゥ部分も防水素材で覆われており、完全防水となっています。



後端にはサロモンのロゴの「S」が入ったプルストラップがあります。





サロモンは元々、スキー、スノボード用のブーツもラインナップしているブランドです。そのため、防寒、防水性に優れ、動き易い雪山用ブーツの評価は高いです。
冬の演習場ではSALOMON TOUNDRA FORCES CSWPを愛用していただきたい。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 10:04Comments(0)お店の商品情報

2019年07月05日

ESS CROSSBOW


米軍で最も愛用されているアイウェアがESSです。
米軍で戦場での使用が許可されている米陸軍公認のプロテクティブアイウェアリスト「APEL」に認定されており、最もESSがシェアを占めています。



ESS CROSSBOW
ESSのフラッグシップモデルのクロスボゥです。
2.4mmバリスティックレンズ(ハイ-インパクト ポリカーボネイト レンズ)を採用し、ClearZoneFlowCoat処理によりレンズ内側の曇り防止加工が施され、レンズ外側はスクラッチ防止加工が施されている最上級のアイウェアです。ESSオプティックスの高い技術により、歪みのない視界を実現しています。
安価なレンズだと像が歪んで見え、長時間着用していると頭痛が起きますが、ESSのクロスボゥは長時間着用していてもストレスを感じません。

また手足の怪我と違い、目の怪我は基本、治ることがありません。
人間は目から80%の情報を得ていると言われます。そのため、米軍でも目を保護することには非常に気を使っています。
性能が実証されたアイウェアしか支給されません。実際、米軍でもイラクやアフガニスタンにおいてアイウェアを着用していたため負傷はしたが、失明は避けられたという実例がたくさんあります。
また実銃の射撃時には火薬カス、燃焼ガス、薬莢などから目を護るためにも
アイウェアは絶対着用していただきたいです。
■100% UVA/UVBからの保護
■Crossbowは以下の規格に適合しています。
U.S. MIL SPEC MIL-PRF-32432
U.S. Federal OSHA
ANSI Z87.1+
CE EN 166
■MADE IN USA




DEDBOLT LENS LOCK Systemによりワンタッチでレンズを交換できます。
もちろん爆風などの衝撃を受けてもレンズが脱落することはありません。



またノーズパッドも簡単に交換可能で、オプションでロー、ミドル、ハイと3種類用意されています。
日本人の顔にもいずれかのノーズパッドでフィットできるでしょう。



イヤーソック(蔓)は薄く、シンプルでヘルメット、ヘッドセットを装着したまま使用できます。



脱落防止用にゴム製ストラップも同梱されています。



レンズはスモークとクリアとイエローの3レンズセットがおすすめです。
環境に応じて、レンズを選択しましょう。




専用ケースにクロスボゥ本体にスペアレンズ2枚収納できます。交換用レンズはマイクロファイバー製のケースに収納でき、レンズ吹きとしても使用できます。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 14:59Comments(0)お店の商品情報

2019年07月03日

IR対応スプレー塗装術 その2


IRスプレーによる塗装術
今回は実践編になります





まず銃本体に満遍なくタンカラーを吹きます。これが下地になります。丁寧に塗らなくてもよいですが、全体的に満遍なくムラなく吹いていきます。
スコープも同様です。



次にブラウンをアクセントつけて塗ります。
また迷彩のように強弱をつけます。



ODも同様に塗っていきます。



まずはここまで一段落です。特に見本などはなく、なるべく銃の形がわかりにくいように心掛けます。
これでも迷彩効果は高そうですが、これから先がプロの仕事になります。



次にグレーを全体に薄く吹いていきます。これはブラウン、ODのままだとコントラストが強すぎてかえって目立つなのだそうです。
つまり森林の中など、陽に当たらない場所ではこのままでも問題ないそうですが、明るいところに出るとそのコントラストが非常に目立つなのだそうです。
そのため、全体的にグレーを吹いてコントラストを抑えます。




次にメッシュをかけて、タンを吹いていきます。全体的にではなく、アクセント的に入れていきましょう。
メッシュは当店で取り扱いのTACTICAL CONCEALMENT
TACTICAL MESH HDを使用しました。

参照:TACTICAL MESH
https://pselite.militaryblog.jp/e974980.html



よく見かける迷彩塗装のようになってきました。複数の網状の塗装によりさらに銃の形状がわかりにくくなります。




またコントラストを抑えるためにメッシュ越しにグレーを吹いていきます。




最後にODやブラウンをボタンをゆっくり押すか逆さにして、ちょっとずつ吹くようにし、塗料のダマを落としていきます。
実際はツルツルですが、鮫肌のようになりました。



これでカモフラージュ塗装完成です。
プロは全体的にはタンカラーベースに仕上げるそうです。
以上の工程で納得できなかったらまた塗りなおせばOKです。
ちなみに下にギリースーツを引いて塗装したので、一緒にカモフラージュできました。
またIRスプレーは銃3挺分くらい塗装できそうです。まだ半分以上残っています。
作業自体もマスキングから始めても2時間程度で終了できます。



塗装工程はこれで終わりますが、塗装コンセプトについても近いうちにご紹介したいと思います。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 11:34Comments(0)お店の商品情報

2019年07月02日

IR対応スプレー塗装術 マスキング編 その1




お待たせましたOTSオリジナルのIR対応スプレーでの塗装術をご教授いたしましょう。
このスプレーは市販のものと違い、光の反射を極力抑えています。
明るいところでは完全につや消し
また反射率が低いため夜間、ナイトビジョン通して見ても目立ちにくくなっています。
銃の偽装に最適なスプレーです。
もちろん偽装に有効な色をラインナップしています。



用意するものは塗装する銃、今回は東京マルイのVSR-10を用意しました。
それとIR対応スプレー各色
マスキングテープ、なければ養生テープ
そしてメッシュ生地です。
この状態で黒って意外と目立つということがお分かりでたのではないでしょうか?



塗装の前に塗りたくない箇所、塗料が入らないよう隙間をマスキングテープで塞ぎます。
マウントベースは塗料の厚みで狂うことを防ぐために今回はスコープを外して別個に塗装しました。
もちろんスコープが決まっているのなら搭載したまま塗装してもよいです。




トリガーの隙間や銃口はしっかりマスキングしてください。



好みによりますが、ゴム製のパーツは塗装するとにちゃにちゃする場合があるので、塗装しない方もいます。
もちろん塗装しても大きな問題ではないです。



スコープも別個にマスキングします。ズームやフォーカスのメモリが塗装してわからなくならないようマスキングします。
好みによりマウントリングのネジもマスキングします。これは塗料で固着を防ぐためです。



レンズはしっかりマスキングしたい。縦横に二重に貼ることを推奨します。



今回はマウントは塗装しないので、マウントリングのレールの接地面もマスキングします。



マスキングが完了しました。
これで塗装の準備完了です。
塗装の実践は次回になります。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 12:30Comments(0)装備品・訓練

2019年06月29日

ESP フラッシュライトホルダー





ESP
フラッシュライトホルダー LHU-14シリーズ

今やロゥエンフォースメント(法執行機関)にはタクティカルライトの携帯は必須です。
捜索に照射による目くらましだけでなく、スティックタイプならそのまま格闘も可能です。
これらスティックタイプのタクティカルライトの携帯に重宝するのが、ESP フラッシュライトホルダーです。
ライトはローラー付きのロック機能でしっかりホールドできるだけでなく、ライトがキズつかないように配慮されています。
またライトのベゼル部の径により3種類がラインナップしています。
左からLHU-14-LH-S、LHU-14-LH、LHU-14-LH-Lです。



ホルダーはベルトループがありますので、ベルトやMOLLEに装着することができます。




タクティカルライトはメーカー、用途、明るさにより様々な全長、ベゼル径のものがあります。ESPのESP フラッシュライトホルダーは様々なライトに対応できます。



各種タクティカルライトに対応すべき、左から各直径34mm、37mm、43mm以下のベゼル系に対応します。そしてライトのベゼルを収納する部分は丸くカットされています。
ここにも秘密があるのですが、ここは後述します。



このようにベゼルの径によってESPのライトホルダーを選択すれば、あらゆるタクティカルライトに対応します。



またホルダー本体のネジを外せば、ライトの長さに合わせて調節できます。





使い方はいたって簡単です。確実にホールドでき、ライトを素早く抜く時はボディをしっかり握り、前に突き出すようにしてから上に引き抜きます。



ロック機能もありますので、不用意に落とすこともありません。矢印の部分のレバーがロックになります。
しかし、ロックしなくてもしっかりテンションがかかっていますので、まず落とすことはないと思いますが……



またライトのホルダー部分は360度、自由に稼働します。クリック感があるので、簡単に動いたりもしません。




ホルダー部分が可動するということは、ホルダーにライトを入れたまま点灯できるということです。
ライトのベゼルを収納する部分が丸くカットされているのはこのためなのです。



ただライトを携帯するだけでなく、素早く取り出せるだけでなく、ホルダーに入れたまま照射できる優れものです。
フラッシュライトをお持ちの方はぜひ、このEPS ライトホルダーを使ってみてください。超オススメです!




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 15:16Comments(0)お店の商品情報

2019年06月28日

PISTOL LEASHランヤード



ピストルリーシュ ランヤード
ハンドガンを落とさないよう、また簡単に奪われないようにハンドガンに付けるランヤードです。
コイル状のワイヤー入りカールコードを採用し、装着時は短く邪魔にならず、使用するときはコードは長く伸び、普通に構えて狙えます。
カラーはブラックとTANの2色があります。



このランヤードはベルトにベロクロでしっかり装着することができます。
またコードの連結部は熱収縮パイプでしっかり保護されています。




ハンドガンに装着するクリップは特殊な形状で両側から強く押してクリップをズラして装着します。よくあるクリップ式より破損や不用意に取れることがありません。
また連結部は熱収縮パイプでしっかり保護されており、ほつれ止めになっています。



法執行機関の方々にはハンドガンの脱落・紛失防止のため、ぜひランヤードは装着したい。
自衛官でも3日3晩不眠不休で、極限状態の中で訓練を行うと疲労で銃を置き忘れるとか、ありえないことも起こるそうです。
ランヤードは用意しておいてほしい装備でしょう。
エリートでは、このような各種プロ向け装備を多数取り扱っています。



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 18:54Comments(0)お店の商品情報

2019年06月26日

2019年『エリート大感謝祭』のご案内


プロショップ・エリート会員様限定の夏の大感謝祭のご案内です。
会員様には案内状を送付しております。
お手元に届いた案内状で日時をご確認ください。

改装前の大セール
プロショップ・エリートは店内改装のため、7月8日から18日までお休みします。
そのため、半端品、展示品など掘り出し物多数あります。
奮ってご来店ください。


エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 22:07Comments(0)お店の情報

2019年06月24日

ESP 訓練用ストリング・カフ


超軽量で確実ロックできるのが、このESP STRING CUFF(ストリング・カフ)です。タイラップと違い柔らかい紐なのでコンパクトにまとめられ、多数携帯することができます。




ESP
STRING CUFF

単なる紐のアクセサリーに見えますが、これは簡易手錠です。
左の二つの輪っかに手首を通し、右の部分を引っ張れば、輪っかが縮まり、確実にロックできます。
黒と黄はタイラップと同じで、一度締めたら緩めることができません。切るしかありません。
赤は訓練用です。
何より、一つが17gと軽く、嵩張らず、多数を携帯できます。そして低価格なのも魅力です。



前はもちろん、後ろ手で拘束することが可能です。
一度締めたら緩むことはありません。もちろん人力で切ることは不可能です。




ストリング カフですが赤色だけは訓練用となります。本体に「TRAINING」と明記されています。
こちらは締めても、すぐに緩めることができ、何回も使用できます。




またこのストリング カフ用の専用ケースもオプションであります。ケースを開けるとストリング カフを丸めて3つ収納することができます。




もちろんベルトループを装備しており、ベルト、MOLLEに対応します。
またバックルが360°可動するため縦でも横で使えます。



ESP STRING CUFF(ストリング・カフ)のほか、当店では警察用の各種グッズを取り揃えております。
一度、ご来店して実物をご覧ください。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 17:56Comments(0)お店の商品情報

2019年06月23日

札幌・近接戦闘訓練 最終回


6月8日(土)〜9日(日)に札幌で弊社主催で、開催された公務員限定の近接戦闘訓練の最終回になります。



2日目の訓練開始前は、前回、紹介した全員での初弾練習です。
なかなか全員クリアとはいきません。




昨日、習った射撃に加え、2日目は移動間射撃が加わる。
歩みを止めずに命中させるのは非常に難しいです。
歩行するとどうしても頭が揺れ、狙いが定まりません。歩き方も考えなければなりません。
もちろん左右から撃てなければなりません。




ここからが訓練の真髄です。ルームエントリーです。
まずは日本の一般的な間口に立てたバリケードの間をすり抜けます。
間隔を開けず、間髪を入れず突入します。
もちろん味方の邪魔にならないように注意しなければならないし、何かあった場合は即射撃しなければならない。もちろん外すのは言語道断です。



2日間で学んだことを駆使し、人質がいる立て篭もりの対処訓練を行う。




暗くなくてもライトは有効です。技を駆使すれば素早く制圧できます。



もし容疑者が反撃しようという動きを見せたら尽かさず、射撃します。
そのためにも射撃練習が必要なのです。
いくら動きがよくても、また仲間との連携ができていても射撃ができていないと意味がありません。
外したら自分、若しくは仲間に被害が及ぶかもしれませんし、間違って人質に当たってしまった! なんていったら最悪です。
そのためにもまず射撃力が必要になります。




武装ゲリラやテロリストの場合は、強力な銃器で反撃が予想されます。
実際、バリケードから身が出てしまった場合は撃たれます。
これがエアソフトガンで訓練を行う利点であります。
制圧が成功か失敗かが実際に撃ち合うことができ、明確に結果がわかります。
当たれば、痛さでわかるし、アイウェアで目をしっかり防護して入れば怪我をすることもありません。
今はエアソフトガンの性能も高く、10mで5cmに集弾する精度があります。
現在はおもちゃのレベルではありません。



こんな訓練は実銃ではできません。
エアソフトガンだからこそ、実戦に即した訓練ができるのです。
エアソフトガンは安全に、しかも低コストで実戦的な練習ができるアイテムなのです。
そしてエアソフトガンがうまい人は実銃もうまいです。



重要なことは訓練は一度受けたから終わりではありません。
何度も繰り返し、動きを叩き込みつつ、いろんな状況にも対処できる応用も必要です。
弊社ではこのような実戦に即したエアソフトガン訓練を行っていますので、興味がございましたら弊社までご一報お願いします。








エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 19:29Comments(0)装備品・訓練

2019年06月22日

PAUCH PRECISION トライポッド コンシールメント スリーブ



PAUCH PRECISION
トライポッド コンシールメント スリーブ

MCDなどのスナイパー用のトライポッド用の迷彩カバーです。
コーデュラナイロンのカバーにバンジーコードが付属しています。
バンジーコードを靴紐のように編んで装着します。



内側は滑りにくいように加工されています。



最初、この製品を見たとき、トライポッドに自分で色を塗れば良いのでは? と思いましたが、
実はこの巻きつけたバンジーコードが重要なのです。
このバンジーコードに現地の草木を挟み込んで迷彩効果を高めるためのものなのです。
自分の見識の浅さを痛感しました。



完璧に偽装するともう全くわかりません。
このような世界各国のプロ用装備を扱っているのが、エリートです




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 19:58Comments(0)お店の商品情報

2019年06月17日

札幌・近接戦闘訓練 その2


6月8日(土)〜9日(日)に札幌で弊社主催で、開催された公務員限定の近接戦闘訓練の続きになります。



先日もこのブログで書いたように射撃訓練は自分が被弾しないようバリケードから身を晒さないのが鉄則です。




左右からの射撃はもちろん、あらゆる高さからも精確な射撃ができなければならなりません。



インストラクターのトモ長谷川氏とその師匠であるイチロー氏が考案したあらゆる状況を想定したモンスターバリケードの体験もしました。
もちろんできる限り早く、ミスなく当てられなければなりません。8ヶ所から撃ち、タイムは最低40秒を切りたいですね。
これは1日では達成できません。繰り返しの練習が必要となります。



また一人で練習するより、仲間と練習する方がダレないし、切磋琢磨できます。
練習始め、休憩後の訓練再開時に全員で、初弾練習をするのも良いでしょう。
ストレートダウンからブザーとともに各人がプレート1枚を1.5秒以内に撃ちます。
外したら、すぐにわかります。簡単そうで簡単ではありません。
また周りに人がいるだけで緊張します。
よい練習になります。




また、2名で対決などもよい刺激になります。
左に立つ人は左から、右に立つ人は右からプレートを6枚撃ちます。
最後に撃つ中央の2枚は先に撃った方が倒れたプレートが下になります。
それでどちらかが早いか一目瞭然です。
対決では緊張しますし、急ぐとミスするし、ミスしたことで焦り、頭が真っ白になります。
これは場数を踏んで慣れるしかありません。
エアソフトガンのシューティングマッチなどに積極的に参加するのもよい練習になります。




訓練1日の夜はライトを有効的に使用するロゥライト訓練も行われました。
「ライトをつけたらこちらの位置がバレるではないか」というのは古い発想です。
現代戦ではライトは必須アイテムです。



ちなみにFLHQの3階施設には、奥に壁で仕切ったロゥライト用スペースがあります。昼間でも暗室にすることが可能で、ロゥライト訓練ができるようになっています。




FLHQの2階は現在は座学が行えるほどのスペースとタクティカルウェアを販売しています。今後はもっとタクティカル装備の販売を充実していくかもとのことです。



065-0017
札幌市北17条東1丁目1-18
訓練は午前10時から午後8時まで行われ、非常に濃くハードな1日でした。
2日目に続く……。



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 00:49Comments(0)装備品・訓練

2019年06月16日

SALOMON URBAN JUNGLE ULTRA


SALOMON
URBAN JUNGLE ULTRA

サロモンが作るジャングルブーツです。
とにかく軽量、通気性に優れているだけでなく、ソールも軽量・耐衝撃性に優れたContagripを採用しており、長時間の着用時でもストレスを感じさせません。
ウルトラの名に恥じない軽量・高品質なジャングルブーツです。



紐は編み上げでしっかり固定できます。



向こう側が透けて見えています。非常に軽く、柔らかく通気性、着用感ともに優れています。



メッシュ地だけでなく、通気用のホールもあり、快適に着用できます。



トップエンドはストレートで後端にはプルストラップがあります。



ソールも軽量・耐衝撃性に優れたContagripを採用しています。濡れた床でも滑りにくくなっています。




エリートでは、このURBAN JUNGLE ULTRAの他にもサロモン「FORCES」シリーズを各種取り扱っています。
ぜひ一度、手にとって、質の高さを確かめてください!




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 16:21Comments(0)お店の商品情報

2019年06月15日

札幌・近接戦闘訓練 その1


6月8日(土)〜9日(日)に札幌で弊社主催で、公務員限定の近接戦闘訓練が開催され、約25名集まりました。
暴漢、立て篭もり事件や対テロ対策を想定した実践的な訓練になります。



インストラクターはシュアファイア社公認インストラクター資格を持ち、サンダーランチ、ポール ハゥ氏やケン ハッカーソン氏などの数々のタクティカルスクールの受講歴を持つトモ長谷川氏です。




まずは素手、ナイフを持った対象者への対処法を学びます。これは素手でもナイフでも銃でも戦闘の真髄は同じで、距離が違うだけということを理解してもらうためです。




そしてエアソフトガンを使用した訓練になります。
まず最初に銃の安全管理と銃口を人に向けない、待機時はストレートダウンなどマズルコンシャスを徹底します。



そしてトモ長谷川氏が教える射撃は基本バリケード越しになります。
対象者が武器、特に銃を保持していた場合、被弾しない様、身を晒さないためです。



訓練での標的は台形をしたプレート1枚、その下に円形プレートを2枚を写真の様に配置します。



これはボディに2発、顔に1発と急所を確実に狙う様に考えられています。
台形の顔の眉毛から唇のラインを結んだ形状で、脳幹部分にあたります。




利き腕だけでなく、左右どちらからも同じ様に撃てなければなりません。
また被弾しない様、バリケードからはみ出さない様に構えなければ、バリケードの意味がありません。
これを毎回、外さず、可能な限り早く、1発で当てるのは非常に難しいです。練習あるのみです。

訓練はまだまだ続きます。




今回、近接戦闘訓練が行われた所は札幌駅から地下鉄南北線北18条駅から徒歩約5分にあるアウトドアショップ、FLHQの3階になります。
今後、3階を多目的スペースとして訓練だけでなく、シューティングマッチ、サバゲーなど楽しめるスペースとして準備中です。
065-0017
札幌市北17条東1丁目1-18





札幌で有名なミリタリーショップ、キャプテントムの系列店で、アウトドア、登山用品の有名ブランドを扱っています。



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 14:52Comments(0)装備品・訓練

2019年06月14日

SALOMON QUEST 4D GTX FORCES

SALOMON(サロモン)のミリタリーブランド、FORCESシリーズが各種入荷しましたので、ご紹介しましょう。
サロモンは登山靴やトレッキングシューズで有名で、各国の軍隊他、NAVY SEALsでも愛用していると聞くプロ御用達のブーツです。



SALOMON
QUEST 4D GTX FORCES

河原、岩山などで最適なミドルカットのトレッキングブーツです。
しっかりした作りで歩きづらい場所でも足首を保護してくれます。それでいて軽量にできています。
ゴアテックスで防水性も高く、ソールも滑りやすい濡れた岩場でもしっかりグリップします。
さらに最新情報として米『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画しており、その内の一つがこのQUEST 4D GTX FORCESになる予定だそうです。



カラーはブラックの他、コヨーテがあります。




ソールは4Dシャーシを採用しており、しっかりグリップするだけでなく、違う素材を組み込み耐衝撃性にも優れています。



靴紐はクイックシューではなく、通常の紐タイプとなっています。足首部分はスピードシューとなっており、簡単に緩めたり締めたりできます。



トップエンドは後部が斜めにカットされており、履きやすく、動きやすくなっています。またプルストラップがあります。



トゥ部分は分厚いラバーで防水性も耐久性も高いです。




QUEST 4D GTX FORCESは目立つ色合いもなくステルス性にも優れます。
フルサイズのハイキングブーツとアサルトシューズの要素を組み合わせ、頑丈な4Dシャーシを搭載し、登山や岩場のトレッキングに安定性を備えています。
また米特殊作戦群が採用を検討しているからには、ぜひ先取りして入手しておきたいですよね〜。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 20:47Comments(0)お店の商品情報