2018年08月30日

Tactical Concealment VIPER(バイパー)

Tactical Concealment VIPER(タクティカル・コンシールメント バイパー)
Tactical Concealment VIPER(バイパー)
先日、Tactical ConcealmentのCOBRAをご紹介しましたが、今回はよりシンプルになったVIPERをご紹介します。

Tactical Concealment VIPER(バイパー)
Tactical Concealment VIPER(バイパー)
VIPER
COBRAの背中がオミットされたスナイパーフードです。
背面部がないため、バックパックなどを背負っての行動も可能となります。
プローンした場合は敵からの見える範囲も銃、頭、肩くらいなので、このサイズでも任務に支障をきたさないでしょう。


Tactical Concealment VIPER(バイパー)
首元のファステックスはVIPERでは1箇所のみです。


Tactical Concealment VIPER(バイパー)
フードも調節用のバンジーコードがあります。


Tactical Concealment VIPER(バイパー)
脇と袖口にもサイズ調節用のバンジーコードがあります。

Tactical Concealment VIPER(バイパー)
VIPERの袖部。メッシュ時の記事にパラコードが正方形に縫われています。背面部がないだけで、仕様はCOBRAとほぼ同様です。


Tactical Concealment VIPER(バイパー)
COBRAやVIPERを着用するだけで体の輪郭がボケやて多少、迷彩効果はありますが、完全にフィールドに溶け込みたい場合の必須アイテムがこれ
カモフラージュ用のギリースレッドです。
素材はジュート。つまり麻です。環境に合わせて各色用意されています。
天然素材なので、効果が望めますが、水分を含んだ後はカビ臭い悪臭を放つ欠点があります。また火気厳禁です。


Tactical Concealment VIPER(バイパー)
同じくギリースレッドですが、こちらはシンセテック、つまり化繊です。
麻に比べ、臭いは発生しにくく、防水性、防腐性が高く、難燃効果もあり、水洗いもでます。


Tactical Concealment VIPER(バイパー)
FRP-103 DRY Flame Retardant
ギリースレッドは素材、ひも状で細かいことから、非常に燃えやすいという。
訓練の休憩時に、焚き火にあたっていたら
ギリースーツに燃え移り、大火傷を負うということもよくあるそうです。
そんな時にあると便利なのが、このFRP-103 DRY Flame Retardantです。

Tactical Concealment VIPER(バイパー)
この粉を水に溶かして、ギリースーツに吹きかけると難燃効果が得られます。
1ポンド(約453g)で7ポンド(約3.1kg)分のギリーに対応します。
注意:延焼を遅らせますが、燃焼を抑える(燃えない)効果はありません。
注意:子供の手の届かない場所に保管してください。皮膚や目に軽度の炎症を引き起こす場合があります。
※万一、目に入った場合は15分ほど流水で流し、医師の診療を受けてください。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター











同じカテゴリー(お店の商品情報)の記事画像
fine track ソックスシリーズ
FINETRACK ドライレイヤー その2
FINETRACK ドライレイヤー その1
LEUPOLD最新のダットサイト
ELITE新装開業中
ESP キャプチャーシールド
同じカテゴリー(お店の商品情報)の記事
 fine track ソックスシリーズ (2019-08-10 20:16)
 FINETRACK ドライレイヤー その2 (2019-08-08 22:23)
 FINETRACK ドライレイヤー その1 (2019-08-06 21:41)
 LEUPOLD最新のダットサイト (2019-08-03 20:29)
 ELITE新装開業中 (2019-08-02 16:04)
 ESP キャプチャーシールド (2019-08-01 18:13)

Posted by ELITEMASTER  at 15:34 │Comments(0)お店の商品情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。