2018年08月17日

ALTAMA OBT MARITIME ASSAULT

アルタマ・マリーン・アサルト シューズ

ALTAMA(アルタマ)社はベトナム戦争時から米軍にブーツを供給しているフットフエアメーカーです。
現在も長年に培ったノウハウをフィードバックし機能的でデザインも優れたブーツを多数ラインナップしており、世界各国の軍・警察で採用されいる信頼性の高いブランドです。
今回はその中からちょっと異色のシューズを紹介します。
このOBTマリタイムアサルトは海軍からの要望で作られたデッキシューズです。




ALTAMA OBT MARITIME ASSAULT-LOWCUT
ALMATAが海軍、というかSEALsからの要望で作られたデッキシューズです。
船上や濡れた床でも滑りにくい特殊なソールを採用しています。
また足ヒレの装着に対応しており、海中から上陸してもそのまま着用できます。



ALTAMA OBT MARITIME ASSAULT-MIDCUT
ローカットとほぼ同仕様のミッドカットです。
岩場などでは怪我防止のために踝あたりまで覆われたミッドカットがオススメです。
軍・警察などプロからマリンスポーツだけでなく、SEALsが使っているということからファンの中では普通にファッションとして愛用している方も多いです。


ソールは濡れた甲板などでもしっかりグリップする柔らかい素材を採用しています。
ただし、アスファルトなどではソールの減りは早いかもしれません。


つま先の後ろには両サイドに排水・通気穴があります。歩くことでシューズの中の水を排出します。


インナーソールも裸足で履くことが前提の柔らかいラバー素材になっており、クッション性はありますが、濡れること、裸足で履いた時の快適さを重視しているため、通気性などはあまり考慮されていません。


シューズ本体も軽くできており、インナーはメッシュになっており、乾きやすくなっています。

後部のストラップは履く時に靴べら代わりに使ってもよいし、乾かす時はここで吊るしてもよいでしょう。
基本、海用のシューズですが、逆の発想としてゲリラ豪雨や台風など大雨時に濡れること前提に履いてもよいかもしれませんね(笑)。


今回、エリートでALTAMA商品を購入された方には非売品のALTAMAパッチを2種差し上げます。
数に限りがございますので、なくなり次第終了になりますのでお早目にお求めください。



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター




















同じカテゴリー(お店の商品情報)の記事画像
MCD スナイパー カーボン トライポッド
511 sierra softshel
INFORCE-APL-C-GLOCK
MCD ボールヘッド雲台
TEAM WENDY CARBON HELMET
5.11 Traverse Pant 2.0
同じカテゴリー(お店の商品情報)の記事
 MCD スナイパー カーボン トライポッド (2018-10-27 12:29)
 511 sierra softshel (2018-10-26 16:38)
 INFORCE-APL-C-GLOCK (2018-10-25 20:41)
 MCD ボールヘッド雲台 (2018-10-25 19:27)
 TEAM WENDY CARBON HELMET (2018-10-24 18:21)
 5.11 Traverse Pant 2.0 (2018-10-22 22:54)

Posted by ELITEMASTER  at 13:46 │Comments(0)お店の商品情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。