2019年08月17日

ブラックホール・元40普連隊長二見龍氏トークショー


8月10日(土)〜(日)東京・浅草の都立産業貿易センター台東館で開催されたブラックホールで、元40普連隊長二見氏トークショー&サイン会が行われました。



40普連をゼロから戦えるまでにいかに鍛えたか、なぜエアソフトガンを訓練に導入したのかなどなど
二見氏からの依頼で40普連を鍛えたトモ長谷川氏とエピソードを交え、トークが繰り広げられました。
とにかくエアソフトガンは実際に撃ち合って訓練ができるので非常に有用なのだそうだ。
実際に作戦行動中、当たったか、外したがすぐにわかります。
バトラー(レーザー交戦装置)だと2、3人固まっているとみんな反応してしまうことがある。またどこに当たったかまで正確にわからないなどがあるそうです。ペイント弾も試したそうですが、一番実戦的な訓練が行えるのがエアソフトガンだったそうです。
実際、頭、腕ではなく、目、耳、指を実際に狙って撃てるので、撃つ方も、撃たれる方も訓練においての上達だけでなく、意識改革に役だったそうです。
つまり撃つ方は素早く点を狙って当てる技術。撃たれる方は撃たれないよう身を隠して撃つことを覚えていきます。
実銃では撃ち合っての訓練は絶対できません。
次のエピソードとして、他部隊がエアソフトガン訓練を聞きつけて40普連にやってきたそうです。
いつも実銃で距離100、200mで訓練しているので、10mなんて目をつぶっていても当たるだろうと自信満々だったそうですが……
みなさん散々だったそうです。近距離ではエアソフトガンは反動と音が実銃とは異なりますが、射撃動作は同じですので、よりリアルな訓練ができます。
エアソフトガンで当てられないのに実銃では当てられないということだそうです。
興味深いお話ばかりでした。



2日目は射撃、強くなるには何が必要かをボードを使っての簡単な講義が行われました。
基本は精・速・強 とのことです。
精度が一番で、次に動きの速さが加われば、最強ということです。
初弾の速さ、行進射撃などの速も精を落とさないようにしなければならない。
精度を高めるには練習は当然、マインドセットも必要だし、優れた道具も必要となる。





エリートでも取り扱い中の二見龍氏の著作本もイベント会場での即売会も行われました。
購入者にはサインもしてくれます。




またブラックホールではトモ長谷川氏とタニオ・コバの小林社長とのトークショーも行われました。
ここではGunsmith BATONとのコラボで9月発売のCO2ガスブローバックのベレッタ バーテックスの解説とデモンストレーションが行われました。



この小さなCO2カートリッジ1本で今までは約60発ほどしか撃てませんでしたが、このベレッタでは倍は撃てます。
マガジン内にこのCO2カートリッジを装填します。あと銃としての基本的な使い方はフロンのガスブローバックと同じです。



タニオ・コバが開発し、特許を取得したバルブにより安全性と低燃費を実現しています。
そしてCO2ガスブローバックの利点は何よりも寒さに強いことです。
現在、日本で流通している大部分のフロンガスを使用するガスブローバックガンは寒さに弱いのです。寒いとちゃんと動きません。
しかしCO2カートリッジを使用するガスボローバックガンは冷えに強いのです。
寒い地域でも冬でも快調に作動するので、1年を通して、いつでも使用できる最適な訓練アイテムと言えるでしょう。



二見龍氏もCO2ガスブローバックのベレッタバーテックを試射体験。
「なかなかリコイルも強くて精度もあるので、訓練に使えますね」との好感触でした。
二見龍氏が先頭に立ってエアソフトガンを訓練に導入した方ですので、説得力があります。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 19:31Comments(0)イベント・展示会

2019年02月03日

二見龍氏「ブラックホール」トークショー



先日、2月1日(金)〜3日(日)に浅草の東京都立産業貿易センター台東館で開催されたミリタリーイベント「ブラックホール」にて、二見龍さんの新刊『自衛隊最強の部隊へ』を発売記念として、即売会とトークショーが行われました。



『自衛隊最強の部隊へ』の詳細はこちら
https://pselite.militaryblog.jp/e965029.html



トークの相手はイチローさんと一緒にエアガンを導入した訓練を行ったトモ長谷川氏。
詳しい内容は『40普連の戦闘技術に負けはない』を書かれていますが、もうまもなく、これの続編も出るそうです。



トークショーで本を買われた方にはサインも入れてくれます。
私も半分くらい読みましたが、内容もですが、こんな日本人がいるんですか! という驚くことばかりです。
ゲリラや工作員に負けないためにも自衛官にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

『自衛隊最強の部隊へ』はエリートでも絶賛発売中です。
是非、ご一読を!



また「ブラックホール」では、モデルガンの神様と言われるタニオ・コバのコバ社長の邦画草創期のプロップガンの話が興味深かった。



まだ日本にモデルガンすらなかった時代に映画用の銃を作るお話です。
こちらは石原裕次郎が使用したP-08の説明です。



こちらは薬師丸ひろ子が『セーラー服と機関銃』で使用したグリースガンのプロップ。
撮影後は中身は他のものに流用されたりし、放置され、回り回ってコバ社長のところに戻ってきたそうです。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

  

Posted by ELITEMASTER  at 23:51Comments(0)イベント・展示会

2018年11月18日

東京マルイフェスティバル5th

11月17日(土)〜18日(日)にベルサール秋葉原で東京マルイフェスティバル5thが開催!
東京マルイの新製品発表や既存ラインナップの展示だけでなく、手に取れたり、試射も可能などなど、エアソフトガンをもっと知ってもらいたいという東京マルイの一大イベントで、はや5回目となります。
17日(土)にそのマルフェスに行ってまいりましたので、新製品中心にご紹介しましょう。


次世代電動ガン Mk46 Mod.0
東京マルイ初のLMGが電動ガンで登場
従来の約2倍というリコイルを実現
FET搭載
各種センサーによるオートストップ機能搭載
初弾はコッキングハンドルを引かないと射撃できない
装弾数1,000発の電動巻上げ式BOXマガジン標準装備(別途単4電池4本)
発射時ベルトリンクも前後に可動し、給弾イメージを再現
2019年春〜夏 発売予定
価格未定とのことですが10万は超えそうですよね



マルイさんにこれをベースに陸自仕様の5.56mm機関銃やパラモデルもラインナップを考えてますか?
と伺ったところ絶対ないとは言えませんがまずはMk46 Mod.0が売れてから
ということでした。



ガスブローバック
FNX-45 TACTICAL

NEWブローバックエンジン採用
「オーバルシリンダー」搭載とのこと
装弾数は29発
近日発売予定、価格未定



グリップ後ろのバックストラップは「セレーションタイプ」「チェッカータイプ」のS、Mと合計4種が標準装備!
実銃同様、スライド上部のカバーを外せば、マイクロサイトを直付けできます
マズルは16mm正ネジ仕様で発売中のHK45 TACTICALのサイレンサーが装着できます。



ガスブローバック
V10 ウルトラコンパクト

マルフェス3rdで製作が発表されてから、ようやく形になりました。
M45A1のエンジンを基にした新設計メカ搭載
ノバック社正式ライセンスのリアサイト
ホーグタイプのグリップを再現
マイクロダット搭載可能
装弾数22発
近日発売予定、価格未定




ガスブローバック
ハイキャパD.O.R(Direct Optics Ready)

M45A1と同じ「ピストンカップ」「ピストンローラー」を採用
ショートストローク構造
完全新規のスライド採用
マイクロダット搭載可能
装弾数29発
近日発売予定、価格未定



次世代電動ガン
AKS-47

今年年初に発売されたAK47のバリエーションとして折りたたみストックのAKS-47が登場。
バッテリーはハンドガード内にミニタイプを収納。
近日発売予定、価格49,800円(税抜)



エアコッキングガン
パイソン PPCカスタム6インチ

10歳以上用のエアコッキングリボルバーの最新作。
9月の全日本模型ホビーショーでPPCカスタムの4インチの発売が発表されたが、今回6インチが登場。
4インチと同じくブラックとシルバーの2色がラインナップ。
6インチバレルの方がバランスがよいですね。
来年発売予定、価格4,980円(税抜)



10歳以上用エアコッキングガンに4種のバリエーションが加わる。
左上:ダブルイーグル ブラックモデル
左下:MODEL KP85 ブラックモデル
右上:USP スライドシルバー
右下:グロック17 スライドシルバー
各価格2,500円(税抜)




アニメSAOからP-90 Ver.LLENNが大人気!
マルフェスで、12月発売の小説版で登場する“Vorpal Bunny(ヴォーバル・バニー)”の製作が発表されました。



今回、なんと! 会場にMH-6リトルバードが展示されていました!
民間用の実機をベースに特殊部隊用に製作したそうです。今回、ステップボードに座って記念撮影もできました。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 15:31Comments(0)イベント・展示会

2018年10月01日

第58回全日本模型ホビーショー(自衛隊もの)


9月28日(金)〜30日(日)に東京ビッグサイトにて開催中の第58回全日本模型ホビーショー。
今回は自衛隊もののトイを中心にご紹介したいと思います。



タミヤ
1/35 陸上自衛隊 16式機動戦闘車
陸自の最新鋭車輌16式機動戦闘車が早くもプラモデルで登場です。
好評発売中、価格4,800円(税抜)




タミヤ
1/35 電動RCタンク
陸上自衛隊 10式戦車
すでに発売中の陸上自衛隊 10式戦車のプラモデルをラジコン化して登場です。
砲塔旋回、砲身上下も可能だそうです。
専用プロポ付きで22,800円(税抜)。
11月発売予定です。



2018年はタミヤの1/35ミリタリーミニチュアシリーズ50周年だそうです。
う〜む……小学3年生の時にⅣ号戦車を作ってからどっぷりミリタリーにハマってしまいました。



アオシマ
1/72 陸上自衛隊 10式戦車
こちらも10式戦車のプラモデルですが、スケールは1/72になります。
全長13cmと手のひらサイズですが、とても精密にできています。
来年1月発売予定で価格は1,800円(税抜)。
専用トレーラーも発売予定とのこと。



アオシマ
1/72 陸上自衛隊 観測ヘリコプター OH-1
『痛オメガ(木更津柚子)』
人気ゲーム「りっく☆じあ〜す」とのコラボ企画のOH-1の痛ヘリのプラモデルです。
派手なマーキングはステッカーで再現します。価格は3,600円(税抜)



アオシマ
1/72 陸上自衛隊 12式地対艦誘導弾
2012年に88式の後継として開発された12式地対艦誘導弾が1/72サイズのプラモデルで鋭意開発中です。



アオシマ
1/144 航空自衛隊C-2輸送機
モックアップ展示でしたがC-2輸送機が1/144スケールのプラモデルで開発中です。



アオシマ
1/700 ウォーターライン
護衛艦あさひ
海上自衛隊の第2世代汎用護衛艦(DD)の最新艦がウォーターラインのプラモデルで現在、鋭意開発中です。



ピットロード
1/700 海上自衛隊 護衛艦
DD-119 あさひ
アオシマと同じ1/700スケールですが、こちらはフルハルモデルです。
価格3,500円(税抜)で好評発売中。



ピットロード
1/350 海上自衛隊 護衛艦
DD-119 あさひ
全長43cmにもなる1/350スケールの「DD-119 あさひ」のプラモデルです。
ビックサイズなので、各部も非常に精密にできています。
価格は32,000円(税抜)!! で発売中です。



ピットロード
1/350 海上自衛隊 護衛艦
DDH-143 しらね
自衛艦隊の旗艦を務め、2015年に退役しXASMの標的艦として天寿を全うした「しらね」が1/350のプラモデルで12月発売予定です。全長は約45cmで迫力あるビックモデルです。
価格は32,000円(税抜)。




ピットロード/G.W.H
ノンスケールでディフォルメされた可愛い
戦闘機のプラモデルです。
先進技術実証機 X-2
航空自衛隊 戦闘機 F-35A
接着剤が必要ないスナップモデルなので、手軽に作れます。
11月発売予定で価格は2,500円(税抜)。



F-TOY
CHIBI SCALE
戦闘機F-15&F-4
CHIBI SCALEでチビスケと略します
全長95mmのディフォルメされたF-15とF-4の完成モデルです。
一部米軍のF-15Eがありますが全8種。
価格540円(税抜)で、10月22日発売です。
全部集めたくなりますよね。



F-TOY
1/72 フルアクション Vol.4
一式戦 隼2型
塗装済み組み立てキットです。しかも1/72スケールというサイズで、ラダーやエルロンなどが可動し、着陸脚も収納できます!
この完成度で価格は1,000円(税抜)とは驚きです。
自衛隊ものではありませんが、個人的に注目しています。10月29日発売予定です。
ちなみに零戦21型、彗星12型、FW-190Aが発売中です。

9月29日(土)〜30日(日)は天候はよくないようですが、ぜひ、ビッグサイトで実物を実際に見ていただきたいですね





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 21:34Comments(0)イベント・展示会

2018年09月29日

第58回全日本模型ホビーショー(東京マルイ)

9月28日(金)に東京ビッグサイトにて第58回全日本模型ホビーショーが開催されました。
当店に来られる方にはエアソフトガン好きも多いと思いますので、東京マルイの新製品をご紹介したいと思います。


NAVY SEALsの要望で製作されたMk18 mod1が次世代電動ガンで登場です。
扱いやすい10.3インチバレルと汎用性が高いD&Dのレイルを装着しています。
ハイダーもフロントサイトも新規で製作
フレームエンドにはスイベルリングも標準装備です。
レイルハンドガードとストックがTANカラーとなっており、アクセントが効いています。
年末か来年初頭に発売予定。価格未定です。



ガスブローバックでGLOCK19が発売間近です。
従来のGLOCKシリーズからメッカが一新されています。
ガスの消費を抑えつつ、リコイルを強化しているそうです。
マガジンは従来のGLOCKシリーズと共用できるそうです。
10月下旬発売予定、価格は15,800円(税抜)です。



HOP調整がスライドを外さなくてもできるようになりました。



近距離のサバゲでは最強アイテムの電動ガンハンドガンシリーズにHK45が登場です。
セフティがセレクターになっており、上からセフティ、セミ、フルと切り替えられます。
11月〜12月発売予定で価格未定です。



10歳以上の電動ブローバックシリーズにハイキャパ5.1が加わります。
10歳以上用でエネルギーは0.135J以下ですが5mくらいなら5cmくらいのグルーピングがあります。
大人でも結構楽しめます。
単4電池4本使用を使用します。
11月〜12月発売予定で価格3,980円(税抜)です。



ハンマーは手動で可動します。グリップセフティもライブですが、サムセフティは動きません。



トリガーガード上のレバーでセミ・フルを切り替えます。



ハイキャパ5.1用のロングマガジンも発売予定しています。



ボルトアクションのエアコッキングライフルのM40A5のバリエーションとしてフラットダークアースが近日発売予定とのことです。
価格42,800円(税抜)



東京マルイの長ものガスブロのMTR16がつい4日ほど前に発売されたばかりです。
MTRとはマルチパーパス タクティカル ライフルの頭文字からきています。
ストレートトリガーやアンビマガジン、ボルトリリース、M-LOKレイルハンドガードなどなどタクティカル要素のパーツを満載した東京マルイオリジナルのM4です。
好評発売中で価格は69,800円(税抜)



どれも発売が楽しみな東京マルイの新製品でした。

次回はエアソフトガン以外のミリタリートイをご紹介する予定です。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター












  

Posted by ELITEMASTER  at 12:35Comments(0)イベント・展示会