2019年08月16日

東京マルイ89式小銃用 リアル・リコイル ヘビーウェイト・バッファー



先日、フロンティアオリジナルの東京マルイ ガスブローバックM4用 反動強化 ハードリコイルバッファーをご紹介しましたが、実は、もう一つ、有用なカスタムパーツがありましたので、ご紹介しましょう。
それが東京マルイ89式小銃用 リアル・リコイル ヘビーウェイト・バッファーです。
東京マルイの89式ガスブローバックのリコイルをさらに増大させ強烈な反動に変えるパーツです。
ボルトの先端部の金色のパーツになります。



ノーマルのパーツは手前のシルバーのもので重量は28.6gです。金色の東京マルイ89式小銃用 リアル・リコイル ヘビーウェイト・バッファーは90.3gと3倍増しであります。
重くなったボルトが可動することでリコイルが増大します。



パーツの組み込みはねじ込まれているノーマルパーツを交換するだけで、至って簡単なのですが、かなり強力なネジ止め剤で固定されています。熱してネジ止め剤を柔らかくしてから外さなければなりません。
かなりの高温が必要でドライヤーでは難しく、ヒートガンというより強力な道具が必要となります。
ここは無理せず、フロンティアで組み込んで(工賃1,000円)いただくのが無難でしょう。
組み込み方はフロンティアのWEBを参照してください。
https://ssl.alpha-prm.jp/frontier1.jp/shop/137_9366.html



ノーマルに比べて東京マルイ89式小銃用 リアル・リコイル ヘビーウェイト・バッファー搭載モデルはかなりリコイルが増大し、脳もシェイクされる感じがします。
ただ、ボルトが重くなった分、ガスの燃費は悪くなりますが、1マガジンは確実に撃てるので、問題はないでしょう。



東京マルイからリアルな構造、操作感でリコイルもある89式小銃ガスブローバックは自国の小銃ということで、サバゲーマーにも人気機種です。
それだけでなく制式小銃で、より実戦的な訓練が行えることから自衛官の訓練機材としても需要が高いです。
エアソフトガンで、さすがに100m、200m射撃は無理ですが、30m以内なら撃ち合って訓練ができます。当たった、外したが一目瞭然です。射撃練習にもなりますし、撃ち合うことで撃たれないように身を隠して射撃するという技術も身につきます。
これは実銃では絶対できない訓練です。
また実銃と比べてサイクルコスト(主に弾代)も断然安いという利点があります。現在、アメリカのプロシューターもエアソフトガンで練習していますし、PMCや民間のタクティカルスクールでもまず銃の安全な扱い方を教えるため、エアソフトガンで最初は訓練を行います。暴発なんかしたら命にかかわりますからね。
そしてエアソフトガンで標的に当てられないのに、実銃が当たるはずはないです。
自衛官の方々には、もうおもちゃという概念を捨てて、エアソフトガンで射撃練習をおこなっていただきたいですね。

東京・赤羽
フロンティ
http://frontier1.jp


89式分解方法

マガジンを抜いて、セレクターをレか3に入れて、テイクダウンレバーを押します。




アッパーにあるリコイルスプリングガイドを外します。矢印の丸いボタンを押して、リコイルスプリングを取り出します。




コッキングハンドルを最後退させるとコッキングハンドルが取り外せます。



そうすれば、ボルトが抜き出せます。



工具無しで、ここまで簡単に分解できます。
組み込みは逆の手順で行います。
実銃と同じ操作で分解できるのが、なんといっても良いですよね。
一般ユーザーとしては、これだけでも楽しいです。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 12:20Comments(0)新商品

2019年08月14日

東京マルイ ガスブローバックM4用ハードリコイルバッファー



先日、東京・赤羽のエアガンショップ、フロンティで、【フロンティアオリジナル】東京マルイ ガスブローバックM4用 反動強化 ハードリコイルバッファーというカスタムパーツを入手してみました。
リアルなメカ、フロンガスにより実銃同様にブローバックし連射が可能な東京マルイのM4ガスブローバックガンシリーズに無加工で装着できます。



装着方法はフレームをテイクダウンして、リコイルバッファーを交換するだけです!
矢印の部分を押せば簡単にバッファーを取り出せます。




あとはノーマルの代わりにこのフロンティアオリジナルのマルイ ガスブローバックM4用 反動強化 ハードリコイルバッファーを組み込むだけです。作業は3分もかかりません。



ハードリコイルバッファーの後端もノーマルと同じくスプリングより衝撃を和らげるようになっています。




上かノーマルで重量:25gです。下がフロンティアオリジナルのマルイ ガスブローバックM4用 反動強化 ハードリコイルバッファーで、パーツ重量:約220gと9倍の重量増です。



発射で後退したボルトをこの超ヘビー級のハードリコイルバッファーで受け止めることでリコイルが増大します。
実銃を撃ったことがある方ならわかるかと思いますが、意外と実銃のM4のリコイルは意外とマイルドです。このバッファーを搭載したM4 ガスブローバックで、実銃に近い射撃感を味わえます。
反動がほとんどない電動ガンと違い、ガスブローバックはロゥエンフォースメントの方々には、より実銃に近い状況で訓練ができると思います。



ただし、超ヘビー級のバッファーを動かすために、ガスの燃費はノーマルより悪いです。フルオートのサイクルも遅くなりますが、プロはセミオートで撃つことが多いと思いますので、あまり問題ないでしょう。
M4のガスブロをお持ちの方は【フロンティアオリジナル】マルイ ガスブローバックM4用 反動強化 ハードリコイルバッファーを是非搭載してみてください!
この実銃に近いハードリコイルを体感してください。

東京・赤羽
フロンティ
http://frontier1.jp




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター


  

Posted by ELITEMASTER  at 17:04Comments(0)新商品

2018年01月11日

新型INFORCE TFx ハンディライト


INFORCE TFx

昨年の夏に発売されるということでしたが、遅れに遅れてやっと発売された『INFORCE TFx』ハンディライトです。

明るさは700ルーメン(ローモードは60ルーメン)、ストロボ(700ルーメン)モード付です。


カラーはブラックとフラットダークアース(コヨーテ)の2種類です。

ポリマーボデイで滑りにくく、凄く手に馴染み持ちやすいライトです。思っていたよりかなり小さく、軽く感じます。


全長127mm 重量は電池込みで106.3gと軽量です。

ハイモードは700ルーメンで明るさ的には十分です。
1度押すと点灯します。
もう1度押すと消灯します。が、INFORCEのライトは押し方により点灯のモードが変わります。


やや長く(0.5秒くらい)押し続けるとモメンタリー(瞬間点灯)となり、離すとすぐ消灯します。
1度押して、さらにもう1度押すとローモードで60ルーメンの暗い点灯になります。
もう1度押すと消灯します。

また、ダブルクリックするとストロボモードになり、早い点滅になります。
これももう1度押すと消灯します。
慣れると使いやすいので是非使いこなして下さい。


※ストロボモードが不要の場合はこのモードを解除することも可能です。
 テールキャップを少し緩め、テールスイッチを押しながらテールキャップを元に締めこめば解除できます。
 もう1度同じことをすればストロボモードは復活します。


さすがにINFORCEのライトはミリタリーユースとして実績があり、耐衝撃性や防水性(20m防水)に優れており、スイッチも押し易く使いやすいです。(スイッチはやや重く設計されている)

軽くて大きさも携帯に非常に適しているので便利です。

大きさ比較(写真じゃ良くわからないけどシュアファイヤーより若干小さい)



※注意点としては電池の入れる向きが通常とは逆です。
たまに電池入れても点かないと言われるときは大抵電池の挿入の向きが逆の場合が多いです。


戦闘用小銃やハンドガンに付けるウエポンライトとして有名な「INFORCE」ですがハンディライト「TFx」もお奨めです。

店頭に展示してありますので、ぜひお確かめください。

INFORCE LIGHT Web



エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 15:44Comments(0)お店の商品情報新商品

2016年10月14日

ラッツ・ターニキット



新しく発売された『RATS(ラッツ)ターニキット(止血帯)』をご紹介します。
どこかの県警の機動隊の名前みたいですが、非常に優秀な救急止血帯です。



今、緊急第一線救護(コンバット・メディック)の教育も盛んにおこなわれ、止血の重要さを学んだ方も多いと思われます。
ターニキット(止血帯)にはCAT(キャット)やSOF-TT(ソフ)などは有名ですし、他にもたくさんあります。
このラッツがいいのはとにかく簡単で早く止血ができるところです。


伸ばせは全長110cm、重さ80gの金具付きのバンジーコードです。それだけです。

使い方は至って簡単。
誰でもが自転車の荷台に荷物をくくりつけたことはあると思いますが、要領はまったく同じです。
三角になった部分に端の部分を通し、それでできた輪を、止血部分にあて、あとはバンジーコードを引っ張りながら巻くだけ。
最後は金具部分に引っ掛けて止めるだけ。







知識の無い人がゆっくりやっても30秒は掛からない素早さです。

隊員が支給されているメディック・セットにはCATやSOF-TTが装備されていると思いますが、2本目に持つ止血帯としてはこれはお奨めです。
止血帯として使用しないときには荷物のくくり紐としても使えるし、80gと軽いので負担にもなりません。
価格も定価で¥3,800(税別)と安いので、このラッツ・ターニキットは絶対お奨めです。





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 21:51Comments(0)新商品

2016年10月13日

軍用ウエポンライト NEW IFORCE



米軍やオーストラリア軍に正式採用されている小銃用のウエポンライト"インフォース"がGEN2(ジェネレーション2)となりモデルチェンジしました。
電池2本を使用するWMLxは最大800ルーメン、電池1本を使用する軽量のWMLは400ルーメンとパワーアップしました。
共にIR(インフラレッド〔微光赤外線〕)付きモデルもあり、それぞれ400mW(WMLxモデル)、100mW(WMLモデル)とパワーアップしました。
これらのINFORCEのウエポンライトはオーストラリア軍に10,000本の納入が決まり、非常に生産が忙しく品薄状態です。

WML(ホワイトLED 400ルーメン)


WML-IR(ホワイト 400ルーメン、IR 100mW)


WMLx(ホワイトLED 800ルーメン)


WMLx-IR(ホワイト 800ルーメン、IR 400mW)


すべてボディカラーはブラックとフラット・ダークアースが選べます。
詳しくは最新のインフォース・カタログ(日本語版PDF)がダウンロードできますので参照ください。

インフォース・カタログ(日本語版PDF)

ショップ・エリート情報
ショップエリートは10月が決算のため、在庫過多のもの、展示サンプル品、傷付き処分品、ハンパ品の一斉処分をおこないます。
決算大処分市は10月末までです。
インフォースの旧モデルも大特価処分をしますのでお楽しみに!

インフォースお買上げの方に2017年度版オリジナルカレンダー(B4サイズ)進呈!

2017 OTSオリジナル・カレンダー





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター  

Posted by ELITEMASTER  at 12:15Comments(0)新商品

2016年06月18日

軍用ウエアメーカー"XGO"のパフォーマンス ポロ



XGO社は軍用の戦闘用アンダーウエアです。


近年、スポーツ用化繊下着やスポーツ用衣類は激しく燃焼したり液化して重度の火傷を引き起こすことがありましたが、XGO社のアンダーウエアは戦闘時のことを第一に考えて製作されています。
難燃のウエアと快適な着心地の速乾のウエアの2シリーズを展開し、非常に良質な戦闘用アンダーウエアとしてアメリカでも人気になっています。

XGO タクティカルウエア

その高品質タクティカル・アンダーウエアの会社の作ったポロシャツが発売されました。
これは難燃ではありませんが、速乾性と、Ag47™の働きで抗菌防臭効果も期待できます。
軽くて柔らかく非常に着心地のいいお奨めのポロシャツです。


カラー:OD Green

カラー:Desart Sand

カラー:ブラック

XGO タクティカル・パフォーマンス ポロ

日本もこれから蒸し暑くなる季節ですので今年はぜひ、XGOの高品質ポロをお試しください。
絶対にお勧めです!


猛暑日に襟付きのポロを着るのかと思うと・・・、ついためらいたくなりますが、XGOポロシャツは、軽くてサラッとした着心地が、一日中持続します。



製品はすべて米国製となっております。


エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター






  

Posted by ELITEMASTER  at 18:07Comments(0)新商品

2016年04月30日

タクティカル・ダットサイト TDX-11


以前に発表してから、だいぶ時間が経ってしまいましたが、やっと当社オリジナル・ダットサイト『TDX-11』が完成しました。



名称の由来はタクティカル(T)、ダットサイト(D)、照度調整機能が11段階(X-11)で合わせてTDX-11といいます。
同じようにプロフェッショナルダットサイトでPDX-11、シューティングダットサイトでSDX-11というのもあります。
TDX-11は照度調整が11段でも、うち2段階はナイトビジョンモードとなっています。



特に今回のモデルはアメリカのM4ユーザー用にハイマウントになっていることと、プロの軍人が使用できる「本物のナイトビジョンモード」が搭載されていることが特徴です。



TDX-11のナイトビジョンモードは暗い場所でN1(ナイトビジョンモード1)、N2(ナイトビジョンモード2)にダット(照準点)を点灯させても肉眼では見えません。

ナイトビジョンモードというのは当然ながら暗視眼鏡(ナイトビジョン)を使用して夜間の狙撃を目的としています。
ただし、現代の暗視眼鏡(ナイトビジョン)は性能が良く、周辺が明るいとその明るさに自動的に合わせて見せてくれます。
そのため昔の暗視眼鏡(ナイトビジョン)みたいに明るいところで使うと真っ白になって壊れてしまうようなことはないです。
明るい場所でも暗い場所でも自動的に調整して使用者が見やすいように調整してくれます。
簡単に説明するとカメラの絞り機能のように明るい場所では光の入光を絞り、暗い場所では光をたくさん入れるように絞りを開けるようなことだと思って下さい。
さらに、軍や警察で使用されている第三世代以上の高性能ナイトビジョン(FOM値1800くらい)は非常に暗い場所でも赤外線の微光照射をしなくてもかなり見えます。
それだけ性能のいいナイトビジョンの前に明るいダットが点灯していれば当然ナイトビジョン側ではここは明るい場所だと判断して、絞りを絞ってしまいます。ナイトビジョンがダットの前方の暗い場所に合せず、ダットの明るさに合せてしまう。これでは暗闇は良く見えません。
ナイトビジョンの性能をダットサイトが邪魔をすることになります。
ナイトビジョンモードにしても、肉眼で、ダットが光っているのが見えるようなダットサイトは高性能なナイトビジョンで見ると明るすぎるので本番では使えません。



さらにTDX-11の良さは日本製のクリアーなレンズです。素通しの筒をのぞいているような、少しも青みかかってないレンズですごく気持ち良いです。
M4、スカー、89式小銃などにお奨めのダットサイトです。


標準装備のアルミハニカムフィルター(キラーフラッシュ)

でも申し訳ないですが、今回の入荷分の大部分がバックオーダー分で出荷されてしまい残りはもうわずかしかないので、お買い求めできない場合はご了承ください。
引き続き生産には入っていますが、次回の入荷はまだ未定です。


エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター
  

Posted by ELITEMASTER  at 22:59Comments(0)お店の商品情報新商品

2015年11月27日

自衛隊9mm拳銃のライト付用ホルスター


自衛隊で使用している9mm拳銃のホルスターはいろいろありますが、いままで9mm拳銃にライトを付けた状態で収納できるホルスターはありませんでした。


そのため、9mm拳銃を使用している人からライトを付けた状態で収納できるホルスターのご要望がたくさんありました。




そこで今回、エリートではアメリカのブレードテック社にお願いして、9mm拳銃とそれ用のアンダーマウント+X300、X400(もちろんULTRA含む)を装着して収納できるTMMS(タクティカル・モジュラー・マウント・システム)を制作しました。
TMMSというのはホルスター部のみ取り外して、モール部やベルト部に差し替えられるシステムのことです。


ブレードテック・オリジナルのワンタッチでロックを外せるWRSシステムで素早く銃を取り出すことが可能です。
これで9mm拳銃もライト付(レーザー付)で持ち運べます。



今回はプロスペック・デザイン製の9mm拳銃アンダーマウントを使用しました。
おそらく他のマウントでも収納可能と思われます。

タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ

  

Posted by ELITEMASTER  at 17:05Comments(0)新商品

2015年10月15日

「新軍事学入門」

「新軍事学入門」 という本が発売されました。

国際政治、国際関係論、軍事に興味のある方は一度読んでみてください。







飯柴智亮さんが執筆しています。
内山中佐や佐藤優さん、佐藤正久さんも執筆しています。
編集(聞き手)は元プレイボーイ編集長の小峰さんなので読みやすいです。

新軍事学入門 飛鳥新社 ¥1,500+税

タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ

エリート・ツイッター


  


Posted by ELITEMASTER  at 20:42Comments(0)新商品

2014年05月08日

New 5.11 ブーツ


2014年度新発売の5.11タクティカルブーツの紹介です。
ファイブイレブンのブーツはどんどん進化していて、すごく良くなっています。

是非一度ためし履きして下さい。


5.11(ファイブ・イレブン)が高い品質と製法で作り上げた傑作ブーツだと自負している、XPRT2.0タクティカル・アーバンブーツです。

タクティカルアーバン(Coyote)

タクティカルアーバン(Black)
高い耐摩耗性のヘルコ革と裂けにくいリップストップナイロンで通気性と防水性を両立しています。
また、滑りにくく耐衝撃性に優れたソールで長時間の行動にも適しています。

5.11レンジマスター・シューズ
ワーク、トレーニング、一般作業などオールラウンドに使える5.11ニューブーツです。


5.11レンジマスター(Black)

5.11レンジマスター(Grey)

5.11レンジマスター(Coyote)
高耐摩耗性を持つヘルコ革を使用し、ランニングシューズに採用されるCMEVA樹脂のソールが組み込まれており、丈夫で疲れにくいように設計されています。日常のあらゆるシーンに対応した5.11お奨めのシューズです。

タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ






  

Posted by ELITEMASTER  at 12:44Comments(0)新商品

2014年04月26日

クィック・ズームレバー


イチローさんも愛用しているOTSのCQBコンバットスコープ用“クィック・アクション・ズームレバー”が発売します。




クィック・アクションズーム・レバー

OTS1-6x24のCQBコンバットスコープをお持ちの方には絶対にお薦めです。


いままで無かったのでイチローさんは自作したらしい。

このクィックレバーが特にいいのは通常はスコープを覗いているときに今現在、このスコープは何倍にあるかわからないけど、
このレバーを使えば、レバーの位置ですぐにわかります。


レバーが左に90°真横のときは1倍


レバーが右に90°真横のときは6倍


レバーが真上にある場合は約2.5倍
というようにすぐにわかります。



CQBコンバットスコープをご使用の方は要チェックです。


タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ


  

Posted by ELITEMASTER  at 17:10Comments(0)新商品

2014年04月18日

WILEY X 日本人向け軍用アイプロテクション

 
ワイリーXより新商品 VAPOR ver.J が発売されました。



このアイウェアは日本人のプロフェッショナル達の意見を取り入れ、日本人向けに作られたミリタリー・コンバット・アイ・プロテクションです。



様々な鼻の形に対応した2タイプの日本人向けノーズピースが付属しています。




レンズはFOILコーティングという強力な曇り止め効果があり、多湿環境でも曇りにくくクリアーな視界を維持します。
また、耐衝撃時にレンズが眼球を圧迫しない日本人向けデザインです。




付属品はレンズやノーズピースのほかに、リーシュコードやフォグテックがあります。


お店に展示してありますので是非ご覧ください。


タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ




  

Posted by ELITEMASTER  at 11:07Comments(0)お店の商品情報新商品

2014年02月06日

SDX-11 新発売

限定100台!
シューティング競技専用のダットサイト『SDX-11』を本日より発売します。


このダットサイトは当社で軍用ダットサイトと売っていた「PDX-11」をシューティング競技用に設計し直したモデルです。
イチローさんやミッキーファーラー、トモさんがUSビアンキ・カップで使用していたので知っている人も多いと思います。

開発に協力してもらって本当に感謝しています。

クリーンを出してご満悦のイチローさんとミッキー



バリケ練習中のトモさん

以前は「PDX-11(プロスペック・ダットサイト)」のマウント部を削ってリング式にしたり、ダット調整ノブを作り直したりして競技に出ていましたが、今回の「SDX-11(シューティング・ダットサイト)」は最初からそのように作りあげました。


ダット調整ノブはキャップを外しても防水性能は守られ、指で操作できるクリック式になってます。
1クリックで1/2MOA(1MOAは100m先で約30mm)

ダットサイトの重さは約170gで、軽量マウントリングは1個15gですので全体でも200gと軽くなっています。

しかも、できるだけ低くマウントできるように底面はできるだけフラットにして、マウントリングも非常に低いローマウント・リングです。
マウントしてみると銃のマウントベースより高さが0.5mmくらいにマウントできます。


当たり前の話ですが、光学式サイトは狙った場所に当てるためのものです。
でもダットサイトを机の上に置き、両手を離してダットを見て目を左右・上下に動かすと、遠くの的を狙って止まっていたダットがゆらゆら動きます。
逆にキチっと止まって的を狙い続けているダットサイトもあります。
それをゼロを保持できると言いいます。

ミッキーファラーは「PDX-11改」でムーバーをクリーンして「このダットサイトはゼロを保持できる」と感激して、お礼にその的にサインをして送ってくれました。



今回はシューターの人たちの要望に応えて、限定100台のみ「SDX-11」を製作しました。
ビアンキカップの様な精密射撃には小さなダットの3MOA、スピードシューティングにはやや大きなダットの6MOAがいいと思います。
3MOAモデルが70台、6MOAモデルが30台の製作ですので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

通常モデルにはダットサイト本体と軽量タイプリング(リング幅:10mm 3mmナット1本締め)が゙2個が付属で付きます。

価格は¥39,800(税込価格)


その他にオプションとして実銃用のハイパーマウントリング(リング幅:17mm 4mmナット2本締め)

価格は¥3,800(税込価格)[2個入り]

また、ゲームなどで使用する場合にレンズを保護するクリアー保護キャップあります。

価格は¥1,800(税込価格)[フロント側1個]

タクティカル プロショップ・エリートに展示してありますので、興味のある方は是非一度ご覧下さい。


タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ





  

Posted by ELITEMASTER  at 10:01Comments(0)新商品

2013年09月05日

米軍愛用のアンダーウェア


XGOのアンダーウェアが入荷しました。




XGOは「ファースト・レイヤー・オブ・ディフェンス」をキャッチコピーとしており、自身のアンダーウェアを一枚目の保護具と謳っております。実際に製品は保護、性能、快適性、耐久性の4つの指標を素肌の次に位置する衣類として高い性能を持っています。

XGOのファブリックには次のような基本的な特徴があります。
AG47配合:AG47、非常に強い殺菌力を持つといわれる「銀」が配合され、高い抗菌作用を持ちます。
4wayストレッチ:4方向に伸びる生地を使い、パフォーマンスを大幅に向上します。
SPPレジスタント:シュリンク(縮み)、ピック(ほつれ)、ピル(穴あき)防止加工です。何度も使う衣類ですので耐久性にも気を配っています。
クイックドライ:非常に乾きやすくなっています。防水性を高めると内側からの湿気が逃げにくくなり却って不快感を増しますので、乾きやすくする事で肌の不快感や疲労感を減らします。

以上がXGOの生地の基本的な性能です。
ここからが、XGOではどういった製品を販売しているのか、です。

XGOの製品は大きく分けると2つのラインナップがあります。

アクリメイト・ドライ
アクリメイト・ファイヤー・レターダント

の2種です。
アクリメイト・ドライでは
最大のパフォーマンスを引き出す為の最高の品質といわれ、着用者が着てる間はずっと快適性とパフォーマン性が高まります。

アクリメイト・ファイヤー・レターダントは
名前の通り「耐火」性能です。耐火性能を有するシンプルな目安にASTM D6413という基準がありますが、XGOではこの基準を越えて、洗濯や摩耗により性能が落ちる事はありません。

このようなレイヤーを、アンダーウェアからインナー、ロングスリーブ、シュマグ、バラクラバと展開しており、一枚目の保護具として展開しています。
米軍では以前、他のスポーツメーカーのアンダーウェアーを着用していましたが、火災や高熱の負担のある現場でアンダーウェアーが溶けてしまい大事故につながってしまったケースがあった様です。その後、信頼出来るアンダーウェアーのメーカーがどこだ、といった話になりXGOが少しずつシェアを延ばして行く様になりました。2013ショットショーではクリス・コスタもXGOのブースに訪れ意見を交わしていました。まだまだ伸びしろのある新進のアンダーウェアーメーカーXGOは店頭に展示してますので、よかったら見に来て下さい。

タクティカル・プロ・ショップ・エリート

  

Posted by ELITEMASTER  at 11:53Comments(0)新商品

2013年03月12日

カイタニカ・ウィンターソフトシェル


だいぶ暖かくなってきましたが、まだまだ夜は冷え込みます。風邪など引かないよう十分な注意が必要です。そこで今回はKitanicaの新製品、Winter Softschellを紹介したいと思います。



Kitanicaに関しては、このブログで何度も紹介していますので、基本的な説明は省略します。現在最も洗練されたデザインのタクティカルウエアとして不動の地位を築きつつあります。今回紹介するWinter Softschellは一見、同社製のMark I linerと酷似していますが、全く違うものです。外にPolartecを、そして中にFleeceの生地を組み合わせる事により、Mark I Linerとは比較にならないほどの保温性能があります。



デザインも洗練されていて、ポケットの位置などがKitanicaの他の製品と同様の位置に置くことにより、相互性を持たせてある点が見逃せません。これは暗闇などでライトを点灯させずに物を探すという状況において、非常に有効な措置です。



また寒冷化において体温の70%は頭部と首部から失われます。よって体温をキープするためにフッドが固定されています。ちなみに保温性能ですが、自分が気温2度Cの状況で、バイクに乗って高速道路を時速100kmで2時間ほどテスト走行してみました。Winter Softshellの下に着用していたのは普通の半袖Tシャツのみでしたが、手袋をしていた指先が寒さで痺れたものの、Softshellがカバーする身体は全く寒さを感じませんでした。
そして他のKitanica製品がそうであるように、3D製法により身体にフィットして非常に動きやすく、柔らかいので着ていて疲れの少ないのが印象的です。



これから暖かくなりますが、夏場といえども高度が高かったりすると、野外においては夜に気温が冷え込みます。そういった意味で、年中オールラウンドで着こなせるこのSoftshellは非常に有効な装備のひとつです。
OTSにはまだ入荷していませんが、オーダーは受け付けています。興味のある方はぜひオーダーしてください。購入して後悔しない装備であることはこの私が保証します。

飯柴



  

Posted by ELITEMASTER  at 19:50Comments(0)新商品