2018年07月10日

フロッグ・ルーブで銃のケアをしよう。



89式小銃やM4などのガスブローバックをガンガン使用する人にお奨めのオイル「フロッグ・ルーブ」を紹介します。
「フロッグ・ルーブ」は日本語に訳すとカエルのオイル、
つまりガマの油です。(ウソです)(⌒o⌒)



FROGLUBE(フロッグ・ルーブ)は米国製で100%天然素材の環境に良いオイルです。
そのためエアガンのパーツやプラスティック部にも使えます。
(匂いはメンソレータムみたいな匂いです)

フロッグルーブCLPは塗ったあとの皮膜がとても強く、普通のガンオイルと比べとても長持ちします。
そのためガスブローバックでガッツン・ガッツン使うのなら潤滑油を切らさないようにこのオイルをお奨めします。
もちろんフロッグルーブは自衛隊や警察でも使用されている実銃用のガンオイルで、評判はすごく良いです。


ボルト部には全体にきっちりと塗ります。一番動くところですから。


機関部も、本当はバラして塗りたいですが、リキッドタイプなので浸透するでしょう。


レシーバーの裏側も。


リコイルスプリング、リコイルSPガイドもきっちりと塗ります。

少し、放置してからくみ上げます。
はみ出たオイルはきれいに拭きます。


ボルトを前後に動かすと軽くなっているのがわかります。


刷毛に付いたオイルは銃身などに塗っておけばサビたり、腐食の防止になります。
フロッグルーブは高価なので少量を伸ばして使うのが良いです。
マガジンを挿入してカラ撃ちしてみると、以前よりガツン、ガツンと激しくブローバックしているような気がします。


フロッグルーブCLPのリキッドタイプ(左)とCLPのペーストタイプ(右)。
どちらも効能は同じですが、液体タイプとハンネリタイプと粘度が違います。
寒い時だとハンネリタイプは固まってしまいますからリキッドの方が良いですが、ペーストが固まったままで使っても問題はありません。


フロッグルーブのスーパーディグリーザー(左)とソルベントの大・小
スーパーディグリーザーは油汚れ落としでソルベントは少し強力で銃口内のカーボンも落とします。
どちらも天然素材で作られているので無害でその辺に捨てても良いくらい環境にもやさしい製品です。
昔のホップス9のソルベントなんて劇薬で素手では触れなかったのにね。


これはエクストリームと言って寒冷地でも硬化しにくいフロッグルーブCLPと思って下さい。
日本でも北海道や東北などの冬は極寒になるところはこれが良いです。
普通のCLPに混ぜて使うこともできます。
エクストリームは高いので普通のCLPを買って混ぜて使うことをお奨めします。


フロッグルーブの耐久試験をこちらで見れます。
FrogLube vs Rand CLP vs MPro7
Froglube vs. WD-40
耐久力は凄く良いですが、フロッグルーブの最もいいところは環境にも人体にも無害というところでしょう。

ちなみに僕は自転車のチェーンにも塗ってるし、車のアルミホイールにも塗ってます。
車のアルミホイールが泥だらけになっても水で流すだけできれいになるのでちょっと驚いています。
是非試してみて下さい。


エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター





Posted by ELITEMASTER  at 19:24 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。