2017年07月04日

2017 B&Tディーラー・ミーティング2

2017 B&Tディーラー・ミーティング続きです。

B&T APC308-BAR を構える飯柴さん

試射会場ではいろいろな銃を撃たせてもらいましたが、最初に撃ってみてとてもびっくりしたのがB&Tの新製品「APC9-SD」です。

APC9-SD
たんにMP-5SD6の対抗商品かなっと思って撃ってみたら、発射音も反動もほとんどなく、マルイのM4MWSを撃ってるみたいでした。

これなら射撃のヘタクソな僕でもダットサイトで狙った場所にバシバシ当ります。

日本の機動隊のMP-5はこれに変えるべきだと本当に思いました。

ハンドガンではHKのSFP9とSFP9コンパクト、それとB&Tの新型USWを撃ちました。

HK SFP9

HK SFP9 COMPACT
SFP9はフルサイズでも日本人の少し小さな手でもフィットする撃ちやすい銃です。
コンパクトの方は最初は握っても小指が出てしまい、しっかりと握れなくて良くないと思いましたが、途中からグリップ付きのマガジンを出してもらい、それを使ったらすごく良くなりました。
このグリップ付きのマガジンならコンパクトもいいかもしれません。

これはルガーです。友達の銃を撃たせてもらいました。
全弾を撃ち尽くすと写真のようにサイトが見えなくなるのすぐに判っていいです。


B&T USW
USWは新しいコンセプトのハンドガンです。

通常はストックを折りたたんでおいて、ホルスターに収納し、ホルスターから抜き出したら普通のダットサイト付ハンドガンとして撃ちます。
少し余裕があったらストックを伸ばし方に付けて撃てば拳銃とは思えないくらいの命中精度が出せます。
まさに狙撃拳銃です。
SPや特殊部隊のサイドアームとして良いと思います。

そしてAPC556パーソナル・デフェンス・ウエポンという超コンパクな5.56mm小銃

伸縮式のストックを縮めるとこんなに小さく軽くなります。
584mmしかありません。

ストックを伸ばすと763mm
銃身の先端に付いているサプレッサーはさすがB&Tです。
10インチのコンパクトな5.56mmの小銃は大きな火焔がでますが、この銃はそれを抑制するハイダーが標準装備です。

APCシリーズの最高峰7.62mmのAPC308

7.62mmNATO弾の小銃は大きくて重いというイメージですが、これは小さくて軽いです。

そしてそのAPC308を狙撃用に改良したAPC308-BARです。

飯柴さんはたいへんお気に入りでした。

今回はまだプロトということで撃つことはできませんでしたが、トリガーのフィーリングなどメカニックの方が熱心に飯柴さんに聞いていましたので今後は良い銃に仕上がると思います。


続く





エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター





同じカテゴリー(お店の情報)の記事画像
臨時休業のご案内
新年初売りセール御礼
新年『2018初売り大セール』
新鮮4日より初売り大セール
ショップエリート『2017大創業祭』第1日目
2018年 エリート・カレンダー完成
同じカテゴリー(お店の情報)の記事
 臨時休業のご案内 (2018-01-18 12:03)
 新年初売りセール御礼 (2018-01-06 18:48)
 新年『2018初売り大セール』 (2017-12-31 16:01)
 新鮮4日より初売り大セール (2017-12-31 14:46)
 ショップエリート『2017大創業祭』第1日目 (2017-12-17 10:34)
 2018年 エリート・カレンダー完成 (2017-11-20 20:11)

Posted by ELITEMASTER  at 23:31 │Comments(0)お店の情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。