2017年12月22日

Agilite Gear Article



Agilite Gear (アジライト ギヤ)

アメリカも暑いですが、日本の暑さはそれ以上と聞いています。夏バテしないように水分を十分に取って、通気性の良い涼しい服装を心掛けてください。涼しい服装と言えば軍隊でも同じで、重装備で夏に行動する場合は通気性の良い服装をしないと敵にやられる前に暑さにやられてしまいます。私が基本訓練を受けたのはアメリカ南部ジョージア州フォートベニング基地で、7月から9月まで、まさに一番の猛暑の中での訓練でした。そういった経験をして以来、優れた通気性の良い服装や装備に機会があるたびに注目してきました。今回はAgilite Gearを紹介してみたいと思います。このブログでも以前に紹介しましたが、イスラエルから荷物が届いて、私が実際に使用してみた感想を正直に述べてみたいと思います。



私とAgilite Gearの出会いは今年のショットショーでした。『商品のプレゼンをしたい…』という先方の要請があり、会場近くのホテルのバーで待ち合わせてミーティングを持ちました。ショーで疲れていたのと、聞いた事も無いメーカーだったのとで正直な話、あまり期待はしていませんでした。そこに2人の若いユダヤ人が現れました。一目で軍隊か警察の訓練を受けた人間、というのがわかります(後で空挺部隊に所属していたと判明)。その二人からAgilite Gearについてのプレゼンを受けました。そこは空挺と空挺、話ははやいです。製品の実質がよく理解できます。
イスラエルという国家の歴史は、まさに戦争の歴史です。現在のイスラエルも小康状態とはいえ、予断を許さない状況にあるのは変わりありません。つまり使えない装備はイスラエル軍に必要ないのです。そのイスラエル軍精鋭部隊に製品を納めているAgilite Gearには、『使える装備』だけで、『使えない装備』はない、というのが私の印象でした。まさに『実戦無くして証明無し』を地でいってるメーカーです。



私が特に気に入ったのが、Battle Element Soft Shell Jacketです。通気性と保温性が考慮され、袖のハーフグローブと収納可能なフッド…そして動きやすい。気候が変化する中で、このBattle Element Soft Shell Jacketは最大公約数であると思いました。話を聞くと、実際にBattle Element Soft Shell Jacketはイスラエル軍特殊部隊に納入され、現場から好評を得ているそうです。



Agilite Gearの製品ラインアップはそれほど多くないですが、逆に言うと使えない雑魚装備が無いという事です。今後実戦からのフィードバックを元にAgilite Gearがどのように進化していくのか、注目していきたいと思います。

飯柴


タクティカル プロショップ・エリート

エリート・オンラインショップ










同じカテゴリー(インストラクター)の記事画像
ラスベガスの乱射事件 アクティブシューター
窪田宗家によるクボタン訓練& 井上尚哉選手米国デビュー戦レポート
スパルタン・レース第二段階・スーパー
『イラストで学ぶ 現代のスナイパー 実戦編』2/25日発売
SIG P320 MHS/M17
スパルタンレース(スプリント) 参加レポート
同じカテゴリー(インストラクター)の記事
 ラスベガスの乱射事件 アクティブシューター (2017-10-03 12:10)
 窪田宗家によるクボタン訓練& 井上尚哉選手米国デビュー戦レポート (2017-09-21 16:01)
 スパルタン・レース第二段階・スーパー (2017-08-11 19:18)
 『イラストで学ぶ 現代のスナイパー 実戦編』2/25日発売 (2017-02-18 19:15)
 SIG P320 MHS/M17 (2017-02-17 19:58)
 スパルタンレース(スプリント) 参加レポート (2016-12-06 15:04)

Posted by ELITEMASTER  at 18:46 │Comments(0)インストラクター

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。