2012年11月16日

レザーマン社のマルチ・ツール①


マルチツールでおなじみの
レザーマン・ツールのご紹介です。

10徳ナイフと同じように1つの機構に
複数の工具が収納されているのが
マルチ・ツールです。

マルチ・ツールの開発には
様々なメーカー、政府が手を
延ばしていますが、現在の主流を作ったのが
レザーマンです。

カラビナの中にツールを入れたり、
ナイフに様々な特性を持たせたり、
名刺大のカードケース型のツールなど
ユニークなデザインと発想で1つの機構に
複数の機能を持たせてきましたが、
残念な事にシェアを獲得することは
出来ませんでした。
屋外で使いたい機能が収納出来なかったからです。
複数の工具を持ち歩きたくないので
1つの機構に収納しようとしましたが、
ひとつだけどうしても収納出来ないものがありました。

プライヤーです。

ねじる、掴む、まわす、切断するなど
キャンプ、救急、ガーデニング、DIY、カーメンテナンスの様な
状況において必須のツールですが、
握力を込めることが出来ませんでした。

ですが、1983年ティム・レザーマンが
フルサイズ・プライヤーを搭載した初の
マルチ・ツールを開発しました。



その形状がヒットし今日でも
ガーデニング、山岳救助、軍隊などの
様々な分野で愛用されています。

それ以降、様々なメーカーが同じ形状でレザーマンと
同じ土俵にあがって参りましたが、レザーマン・ツールの
人気は揺るぐ事はありませんでした。
一部のモデルを除きメイド・イン・USAで
作成されていますので非常に堅牢で壊れにくい事でも
評判でした。最後の最後の頼みの綱、レザーマンと
評される事もある程です。

さらに修理対応が可能なので、レザーマンを
手放す理由がありませんでした。
現在のレザーマン・ジャパンさんでも
ツールの修理受付を行っています。

このように1つのツールを長く扱い頂けるますので
ご自身の愛用品の1つとしていかがでしょうか。

次回はレザーマンの各モデルをご紹介したいと思います。






同じカテゴリー(お店の商品情報)の記事画像
おすすめの『フラッシュライト・ホルスター』その2
おすすめの『フラッシュライト・ホルスター』
89式小銃ガスブロ用折りたたみストックパイプ
新型プロタック HL-X
89式小銃クラスの銃にお奨めのガンケース
ガスブロ89式小銃用アクセサリーパーツ その2
同じカテゴリー(お店の商品情報)の記事
 おすすめの『フラッシュライト・ホルスター』その2 (2018-07-17 17:14)
 おすすめの『フラッシュライト・ホルスター』 (2018-07-16 15:16)
 89式小銃ガスブロ用折りたたみストックパイプ (2018-07-13 10:29)
 新型プロタック HL-X (2018-07-12 19:46)
 89式小銃クラスの銃にお奨めのガンケース (2018-07-11 21:10)
 ガスブロ89式小銃用アクセサリーパーツ その2 (2018-07-09 11:30)

Posted by ELITEMASTER  at 19:57 │Comments(0)お店の商品情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。